虎穴 に 入ら ずん ば 虎 子 を 得 ず の 意味。 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の意味とは?由来や類語も紹介

虎穴に入らずんば虎子を得ず>猫のことわざ・故事成語・等

1.「虎穴(こけつ)に入らずんば虎子(こじ)を得ず」の意味 これは、「危険を避けていては、大きな成功もあり得ない」ということのたとえです。 まずリスクがあって、それからリターンがあるのだ。 いや、虎穴に入らずんば虎子を得ずのごとく、難しいこともいろいろがあるが最後まで頑張ってみよう」• なかなか勇壮活発な生まれつきで、およそ系統だった学問とは縁がなさそうに思われるのに、いざとなると意外に弁舌が立つし、書物もたくさん読んでいました。 こけつにいらずんばこじ(こし)をえず• 「枝先に行かねば熟柿は食えぬ」 対義語:慎重な態度の意味 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とは反対の意味のことわざを見てみましょう。 phonetics and meanings of japanese structures and expressions. 超曰、不入虎穴不得虎子。 73年、明帝は竇固(光武帝の孫)を大将として北匈奴征伐に乗り出し、班超は仮司馬として従軍しました。

もっと

虎穴に入らずんば虎子を得ずとは

「次のプレゼンで勝ち目はないのならあきらめるか。 こしゅをらっす• ねずみもとらのごとし• さしあたっての作戦は、闇夜に乗じて匈奴の宿舎に火を放つことだけだ。 さんにんしこをなす• 虎穴に入らずんば虎子を得ずだ」• 」 「後漢書」班超より。 ぼたんにからじし、たけにとら• 調べてみると、匈奴(きょうど)の使者が到着した様子。

もっと

虎穴に入らずんば虎子を得ずとは

虎=「とら」と読み、ネコ科の動物。 いま考えられる唯一最善の策は、夜の闇に乗じて火を放ち、匈奴を攻めることだが、それもわが軍勢の数を彼らに気づかせないようにしなければならない。 虎は自分の子どもを大切にすると信じられているところから。

もっと

虎穴に入らずんば虎子を得ず>猫のことわざ・故事成語・等

ぼうこひょうがのゆう• とらおおかみよりもるがおそろし• 班超たちは西域に着いたころは手厚い歓迎を受けていたのですが、ある時から急にその接待がなくなりました。 西域の国では手厚く接待されていた のに、ある日を境に冷たくされるようになった。 きこくだりがたし•。 「虎穴に入らずんば虎子を得ずと言うし、危険を承知でやってみようか」• こんな調子なので、小役人など尋常に勤めあげられるはずもなく、免職となって浪人生活に入ります。 [使用例] そりゃ、スパイの当然の任務さ。

もっと

虎のことわざ・故事成語・等

危ない所に上がらねば熟柿(じゅくし)は食えぬ• この言葉に応じて、それぞれ武器を持った命知らずの壮士たちは闇の中に消えて行きました。 とらおおかみよりひとのくちおそろし• 使者の一同はただあっけに取られてぶつぶつ不平を並べるばかりでしたが、班超ははたと膝をたたいて言いました。 試す=「ためす」と読み、じっさいにやってみる。 欲しい=「ほしい」と読み、じぶんのものにしたい。

もっと

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とは?意味や使い方をご紹介

とらはせんりのやぶにすむ• りょうこあいたたかえばいきおいともにはいきず• せんりののべにとらのこをはなつがことし• 昼間は穴の中にいて夜になると動きだす。 枝先に行かねば熟柿(じゅくし)を食えぬ 類似の英語のことわざ• 本土に一番近いオアシス国鄯善(楼蘭)に行った時、初めは手厚い待遇を受けましたが、ある日手のひらを返すように急に待遇が悪くなりました。 「大きな業績を上げた人物は、虎穴に入らずんば虎子を得ずを座右の銘にしている人が多いと聞く」 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の類語と反対語 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」の類語 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」と同義のことわざを紹介しましょう。 とらをやしないてみずからうれいをのこす• 調べてみると、漢(かん)の国の敵である北方の匈奴(きょうど)の国の使者が来ているためとわかった。 こひょうのくはしょくぎゅうのきあり• それで大名に取り立てられれば、わが志なれりです。

もっと

虎穴に入らずんば虎子を得ず(こけつにいらずんばこじをえず)

『後漢書』の班超伝からの出典です。

もっと