源氏 物語 光源氏 の 誕生 品詞 分解。 『源氏物語』「光源氏の誕生」

光源氏 の 誕生 敬語: my blog のブログ

「ありけむ」が省略されていると考えられる。 係り結び。 それが転じて「天の下」が「世間」を指す。 動作の主体である六条の御息所を敬っている。 岸にさし着くるほど、見れば、ののしりて詣でたまふ人のけはひ、 渚に満ちて、いつくしき神宝を持て続けたり。

もっと

源氏物語桐壷光る君光る君の誕生光源氏の誕生品詞分解と全訳

まわす、囲ませる 仰せ=サ行下二動詞「仰(おほ)す」の連用形。 係り結び。 視覚的なこと(見たこと)を根拠にする推定の助動詞である。

もっと

光源氏 の 誕生 敬語: my blog のブログ

なんとなく物足りない、心寂しい めり=推定の助動詞「めり」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 ね=打消の助動詞「ず」の已然形、接続は未然形。 係り結び はえなかる=ク活用の形容詞「映え無し」の連体形、見栄えがしない、ぱっとしない、華やかさがない べけれ=推量の助動詞「べし」の已然形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 子を産んでからはますます謗りがひどくなる。

もっと

源氏物語の光源氏の誕生の、この文の、敬語表現、誰から誰への敬意を教えていただき...

候(さぶら)ふ人びとも さうざうしげな めり。 桐壷更衣の死 いつのことだったか、宮中で帝の愛情を一身に受ける女性がいた。 おぼえ いと やむごとなく、 上 じょう 衆 ず めかしけれど、 わりなく まつはさ せ 給ふあまりに、 おぼえ=名詞、評判、世評 やむごとなく=ク活用の形容詞「やむごとなし」の連用形、捨てておけない、格別だ、尊い 上衆めかしけれ=シク活用の形容詞「上衆めかし」の已然形、貴人らしいようすである、貴人らしく振舞う わりなく=ク活用の形容詞「わりなし」の連用形、「理(ことわり)なし」と言う意味からきている。 「誰から」は、もういいね、同じ条件。 (番号は行数) 1.あながちに/御前/去ら/ず/もてなさ/せ/たまひ/し/ほど/に、 2.おのづから/軽き/方/に/も/みえ/し/を、/ 3.こ/の/皇子/生まれ/たまひ/て/後/は、/ 4.いと/心/ことに/思ほしおきて/たれ/ば、/坊/に/も、/よう/せ/ず/は、/ 5.こ/の/皇子/の/ゐ/たまふ/べき/な/めり/と、/ 6.一の皇子/の/女御/は/思し疑へ/り/ 1.せ=尊敬の助動詞「す」連用形。

もっと

古典の源氏物語の桐壺【光源氏の誕生】について質問です。上達部、上人なども~給...

完了の助動詞「ぬ」終止形。 たまひ=尊敬の補助動詞。 源氏物語、私も授業で散々やりましたよ。 」と、 やうやう 天 あめ の 下 した にも あぢきなう、人の もてなやみぐさに なりて、 やうやう(漸う)=副詞、だんだん、しだいに、かろうじて 天の下=名詞、この世の中、天下、世間 あぢきなう=ク活用形容詞「味気無し」の連用形が音便化したもの。 また、皇帝や帝を「天子」という。 これが「二重尊敬」。 美麗貴族、光源氏の恋愛をめぐる人生模様と女人の生きざまが緻密に描かれています。

もっと

源氏物語の光源氏の誕生の、この文の、敬語表現、誰から誰への敬意を教えていただき...

「す・さす・しむ」には、「使役と尊敬」の二つの意味があるが、直後に尊敬語が来ていない場合は必ず「使役」の意味である。 光源氏の誕生 本文 いづれの御時にか、女御・更衣あまた 1 候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。 楽人 名詞 十列 名詞 など 副助詞 装束 名詞 を 格助詞 ととのへ ハ行下二段活用動詞「ととのふ」連用形中止法 容貌 名詞 を 格助詞 選び バ行四段活用動詞「選ぶ」連用形 たり。

もっと

源氏物語桐壷光る君光る君の誕生光源氏の誕生品詞分解と全訳(10/12ページ)

かたじけなき=ク活用の形容詞「かたじけなし」の連体形、恐れ多い、もったいない。

もっと