色彩 を 持た ない 多 崎 つくる と 彼 の 巡礼 の 年。 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は推理小説である。⑧

【書評】色彩から考察する「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹

二人の懺悔を聞いたこの時点でシロに対する性的暴行の犯人が見知らぬ第三者では無いと仮定すると、その犯行の動機の発端は多崎つくるをめぐる人間関係にある事が確定してしまう。 自分には「色彩」がないと。 まず最初にことわっておかなくてはいけないのは、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』はとても退屈な小説なのです。 すべて現実にある場所であり、名古屋・東京にいたっては私たち日本人にとっては馴染みがあるどころか現実の1部分です。 また、通例、刊行に先立って書評家、他の出版社、新聞、書店などに配布される、「プルーフ」と呼ばれる校正刷りの段階の原稿も作成されず、発売前に内容を知り得たのは極少数の人に限られた。 多崎つくるを中心として東西南北ちょうど十字型に配置されているのが、彼らのグループです。 普通に読んだ後、あなたは思うはずです。

もっと

【書評】色彩から考察する「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹

多崎つくる(36)は高校時代、4人の友人といつも行動を共にしていた。 なぜ僕一人だけがこんなひどい目にあわなくちゃならないんだろうと。 言わずもがなカートヴォネガットとかレイモンドカーヴゃーもフィッツジェラルドも読んでいないし、ちょっと周りがもてはやしているから読んでみよう。

もっと

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」|朱雀辰彦|note

でないと完全密室ってことになってしまいますし、母親が 3 日後中に入れません。 しかも「渦巻く虚無」とか「深い沈黙」とか「生の欠落」とかいちいち出てくる単語が思春期こじらせた中学生が書いたブログに出てくる言いまわしみたいでイカ臭いです。 - イギリスの音楽グループ(デュオ)。

もっと

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読みました。

その点白根の強さと引っ込み思案の二面性が説明できます。

もっと