ジョイソン セイフティ システムズ ジャパン。 JSSJのシートベルト使用の車種は?タカタ時代と同じで車業界に大影響の恐れ

タカタ (企業)

どうぞよろしくお願いいたします。 JSSは、製品の安全性と品質を最優先に考えており、本件を非常に真摯に受け止めております。 タカタ製のエアバッグに関するリコール届出の一覧は下記の通りです。 2013年05月 傘下のセンサーメーカーHamlinを、に売却。 国交省は、品質データ偽装の「一報を受け、自動車メーカーとJSSJに調査するように指導した」(同省同課)。 強度などが決まっており、それを守らなければ販売できない」という。 12月 - 日本初の二点式シートベルトの製造・販売を開始する。

もっと

タカタ、KSSへの事業譲渡を完了 高田会長兼社長は退任

1999年05月 、とインストルメント・パネル、バンパー、内装および外装トリムの合弁会社Textron Breed Automotiveを設立。 法令違反のシートベルトを装備した自動車のリコールも200万台に及ぶ可能性があるとのことから影響の規模を考えてみます。 創業の地であると、その周辺のやに、日本国内の製造拠点がある。 インフレータブルシートベルト Inflatable seat belts -ステアリングホイール Steering wheels• 事故記録システム Accident recording system• 2003年09月 Breed Technologies, Inc. これが私たちの存在理由であり、一人ひとりの生きがいでもあります。 時点でエアバッグが同社最大の売上高比率を占める。 JSSJの国内シェアは4割ほどで、世界中では3割ほどのようだ。

もっと

シートベルトのデータを改ざん?ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン

車両への影響を確認後、必要な対応を講じる」という。 1セット数千円の単価ながら、2014年3月期決算で売上高の約4割がエアバッグであった。 シートベルトについては、日本でトップシェアとなっている。 経営破綻したエアバッグメーカー、タカタの事業を引き継いだジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパンは滋賀県の工場で、法令で定めた安全基準を満たしていないシートベルトを出荷していた可能性があるとして、国土交通省の調査を受けていることが明らかになりました。 自動車メーカーは良品が入ってくることを前提にクルマを量産している。 分かりやすく言えば、ある特定の条件では強度を満たすため、品質データの偽装は表に出てこない。 助手席用エアバッグ Passenger airbags• これまでに事故につながったとする報告はないという。

もっと

シートベルトのデータを改ざん?ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン

2008年頃から、エアバッグのインフレーター(膨張ガスを発生させる重要部品)関連の不具合が相次いで判明し、米国とマレーシアでは異常破裂したインフレーターの金属片により死亡事故も起きた。 - ( 16:39 JST版)• そして、最終的には、タカタ製エアバッグを搭載したホンダなど自動車各社が費用の肩代わりを強いられました。

もっと

シートベルトのデータを改ざん?ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン

2016年06月 との統合が完了。 タカタ株式会社(Takata Corporation)は、・・など、自動車用安全部品を製造していた日本の企業。 すなわち、無検査受け入れは両社にとって「信頼の証し」であり、部品メーカーはトヨタ自動車から「お墨付き」を得たことになる。 3ドアシルエンドプリテンショナー 3-door sill-end pretensioners• 例えば、「耐久性」という項目を指摘し、そのデータをどのように評価して開発プロセスに織り込んだのかに関する詳細な説明を部品メーカーに求めるのだ。 11月 - 自動車用乗員拘束装置、農工業用灌漑ホース等の製造および販売を目的として法人化し、 株式会社高田工場を設立する。 品質不正に手を染めたのは、JSSJの彦根製造所(滋賀県彦根市)。 12月 - 社名を タカタ株式会社に変更する。

もっと