Mrs green apple アボイド ノート。 Mrs. GREEN APPLE『アボイドノート』歌詞の意味を考察・解釈

Mrs. GREEN APPLE『アボイドノート』

ギター・ロック成分に驚いた「インフェルノ」やエクストリームな「Ke-Mo Sah-Bee」、より素直なギター・ロック「嘘じゃないよ」、ロマ風の弦のアレンジと日本語に聴こえないAメロがユニークな「Viking」、ヴォードヴィル的な華やかさの中にQUEENを想起させる大仰な転調が盛り込まれた「lovin'」。 静かな歌い出しから、ストリングスやホーンも加わったスケールの大きなサウンドが立ち上がるアレンジは、顔を上げると仲間やライバルのいるスタジアムを想起させ、ラストは静かに閉じる。 「プライド」 などといった人間の醜い部分を、 自らを滅ぼす(邪魔する)アボイドノートだと比喩して、架空の君(世間)に教訓を与えているように感じました。

もっと

Mrs. GREEN APPLE『アボイドノート』

important;background-repeat:no-repeat;background-size:142px 16px! 打って変わってアッパーで踊れる「スマイロブドリーマ」は、生音とエレクトロニックのいずれもがソリッド且つポップで突き抜けた仕上がり。 まず表題曲の「Love me, Love you」はホーンが煌びやかで、ダイナミックに展開するミュージカルのようなビッグ・バンド・サウンドに驚く。 シンセ・ポップ寄りのアレンジだが、スピード感は加速した印象。

もっと

Mrs. GREEN APPLE 新曲『アボイドノート』MVで「車の上に乗っているのはCGです!」

20180909 幕張メッセ国際展示場「ENSEMBLE TOUR ~ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ~」より「They are」 11. 「On My MiND」は随所にデビュー当時からの代表曲「StaRt」をアップデートしたような仕上がりで、過去と今の対比が最もわかるナンバー。 サビで綴られているのは、そんな素敵なメッセージ。

もっと

アボイドノート

20150809 国営ひたち海浜公園 WING TENT「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」より「VIP」 2. 試聴する KKBOXを起動 アボイドノート 作詞:大森元貴 作曲:大森元貴 さぁ どうぞお座りになって 1つ2つ伺いたいだけです 心配なさらずにリラックスして 温かいものでもどうですか 愛を信じますか? 協和を願いますか? どうでもいいんですか じゃあ、気にしてるフリですか? 聞こえる 足を小刻む音 果てない森を駈ける風の様に 君は人を恨む 果てない海を泳ぐ魚の様に 僕らは笑える もういいや お帰りになって 呆れてものが言えないだけです 「もう一度チャンスをください」って どうしても言えないものですか? 何かを失くしたって 気づかぬ程ですか? どうでもいいんですか あぁ、気にしない側ですね 聞こえる 心を落とす音 果てない空を駆ける鳥の様に 君は外を羨む 果てない大地に育つマグマの様に 鼓動は熱を帯びる 吹かない風 靡かない樹々 泳げない僕 泳がない僕 広すぎる空を待て余すほら 悪者はどこにも居ないだろう 果てない道が続く旅路の様に 僕らは生きてる 張り詰めた呼吸を経て万歳 1、2の3でまたバイバイ ところでさ 君という存在 誰も敵いはしない美の潜在 憎まれて削り合い喝采 4の5の6でまたバイバイ まだまださ 我ら人の存在 誰も敵いはしない. 初めのうちは失っていくことに気づいていたのかもしれません。

もっと

Mrs. GREEN APPLE『アボイドノート』

映像作品『EDEN no SONO Live at YOKOHAMA ARENA 2019. 」はコミック原作のドラマ・テーマならではの荒唐無稽さもありつつ、"このままでいいのか?"という10代の焦燥感はドラマ"僕たちがやりました"と自然とリンクする内容。 大森:それを監督が……「ロマンチシズム」を撮ってくださった監督と同じでセリさんって方だったんだけど、涼ちゃんのビクッとなったのはちゃんと寄って使ってくれるっていうね。 20150708 日本工学院「Variety 再現スタジオライブ」より「StaRt」 5. テン年代ロックの未来を19歳の大森元貴という才能が描いたという意味でも記念碑的。 jetpack-social-navigation-svg. あくまでも筆者の考え方の1つとして受け取って頂ければ幸いです。 大森:僕らとしては結構新鮮な感じでしたけど、嬉しいなと思います。 むしろうまく扱えばカッコいい音にも成りえます。

もっと

アボイドノート

ビートのアプローチがユニークな「SwitCh」も含め、バンドがどんどんタフになっていく過程を体感できるシングル。 楽しいばかりじゃない、むしろちょっとしんどい朝の始まりに、無理矢理笑顔になることなく心を強く前向きに持てる、そんな1曲だ。

もっと

Mrs. GREEN APPLE、新曲「アボイドノート」MV+『5』ライナーノーツ公開

そのタイトルが"僕のこと"なのは、自分がどう生きているかを歌うことでしか、エールを送ることができないという意味なのではないだろうか。 若井:結構食べたからねー。 そうすればいつの日か、回避音と周囲から言われていた音も馴染んで、人生に奥深さを与えていくことでしょう。 よりピアノ・ロック感が増した印象は、他の楽器の音数も曲に必要なものかどうかを吟味したからだろう。

もっと