改正 個人 情報 保護 法 2020。 2020年個人情報保護法改正がプライバシーポリシーに与える影響

不正アクセスで漏洩なら1件でも本人に通知、法改正で増す個人情報保護の「重し」

置き換えただけなので元に戻すことが可能ですから、個人情報に該当します。 第三者に提供される個人データの取得の方法• 命令違反等の罰金について、法人に対しては行為者よりも罰金刑の最高額を引き上げる(法人重科)。 これに対応して、外国事業者に対して個人データを提供する場合には、本人の同意を取得する際に、当該外国における個人情報の保護に関する制度などについての情報を提供しなければならないものとされました(改正法24条2項)。 日本で個人情報漏洩に対する慰謝料や損害賠償額の最高額は1人当たり最大3万円だが、争われた最近の裁判では1人当たり数百円から3000円程度までにとどまっている。 この個人関連情報として、氏名等と結び付けられていないCookie等の端末識別子、ウェブ閲覧履歴、GPS等位置情報が含まれる可能性があると考えられます。 法23条1項各号に該当する場合(法令に基づく場合や公益的理由に基づく場合が挙げられています。 (2)個人データの提供基準の明確化 個人情報保護法では、 他の情報と容易に照合でき、その組み合わせによって個人を特定できる情報も個人情報に該当するとしています。

もっと

個人情報保護法 2020年改正案-仮名加工情報について

匿名加工情報とすることで、本人の同意がなくとも第三者に提供したり、取得時の目的とは異なる目的で利活用したりすることが可能となりました(例外はあります)。 しかし、これでは、個人データの第三者提供において本人の同意の取得を義務付けている法の趣旨を潜脱することとなり、問題視されていました。 本条は、このような状況を背景に創設されたものであり、クッキー等の端末識別子だけでなく、広く、提供先で個人情報になり得る個人関連情報を規制の対象としています。 個人の権利利益の保護• 第159回個人情報保護委員会(令和2年11月27日)• 1は事務的ですがほとんどの企業において改定が必要となります。 改正法では、「保有個人データ」の定義が改正され、 短期保存データについても開示請求や利用停止請求などの対象となりました(改正法2条7項)。

もっと

2020年(令和2年)個人情報保護法改正(1)

今回、保有個人データの定義が変更になり、6か月以内に消去されるデータも保有個人データに該当することとなりますから、注意が必要です。

もっと

個人情報保護法2020年改正における実務上留意すべき重要点

改正案は、民間企業や国、独立行政法人を対象とする三つの法律を一本化し、個人情報の定義を官民でそろえる。 このことから今回の改正では、個人利益権利の保護と、個人データ利用のバランスを取るためのルールづくりが今回の改正での一つのコンセプトとなっています。

もっと

個人情報保護法改正(2020年)

[画像のクリックで拡大表示] 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の集計によると、2018年に企業がインターネット上で開示した個人情報の漏洩件数は443件で、漏洩人数は合計561万3797人分に上る。 (2)開示のデジタル化の推進 現行、保有個人データの開示請求は、原則として書面の交付によるとされています。 以下同様。 (参考)個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直しについて 個人情報保護委員会では、平成27年改正法附則第12条の規定を踏まえ、「いわゆる3年ごと見直し」について、平成30年12月から、個人情報保護をめぐる国内外の政策、技術、産業等の状況等についての実態把握や、様々な分野の方からのヒアリング等を通じて、具体的な検討を進めてきました。 「すべての事業者」とは、取り扱う個人情報の数に関わらず、例えば、紙やデータで名簿を管理している事業者は、すべて「」となり、法の対象になります。 例えば、サイトA、サイトBおよびサイトCが、それぞれあるパブリックDMPベンダに対しCookieなどで閲覧履歴を送信する設定をしているとする。 さらに、本人から事業者に対して開示請求が可能な事項として、 個人データの第三者提供記録も対象に追加されました(改正法28条5項)。

もっと

個人情報保護法の令和2年改正案の10のポイント

2019年12月13日に、個人情報保護委員会は「個人情報保護法 いわゆる3年ごと見直し 制度改正大綱」(以下、改正大綱)を公表しました。 法改正を機に、企業においてもあらためて、何のために個人情報を取り、利用しているのか、取扱いの見直しが図られることを期待します。

もっと

改正個人情報保護法2020 ~「利用」と「提供」の規制強化

なお、改正事項のすべてを網羅するものではありませんのでご留意ください)。 政府は関係団体の意見を聞きながら、丁寧に制度を設計してほしい。 (令和2年11月30日更新)• 個人情報漏えい時の報告についても、これまでは報告は努力義務とされていたものが、報告と本人への通知が義務化されることになります。 その意味では、個人情報保護法対応に向けた単独の活動ではなく、社内の様々な活動を統括して進めていく必要があるでしょう。 つまり、これまでは対象外だった、6か月以内に消去する短期保存データも保有個人データに含められることになり、開示請求等の対象となります。 実際の例では、就職情報サイトが、Cookieを利用して就活生の内定辞退率を予測し、そのデータを無断で販売していたことが問題となったこともあります。

もっと

不正アクセスで漏洩なら1件でも本人に通知、法改正で増す個人情報保護の「重し」

前回の法改正(現行法)で個人データのトレーサビリティを確保するために第三者提供記録が義務化されましたが、この記録が開示対象となります。 不正取得された個人データ• 「事業者」には、法人に限らず、マンションの管理組合、、会や同窓会などの非営利組織も含まれます。 事業者によっては、個人データの管理等に関わる負担を軽減するため、この短期保存データに関わる適用除外を活用していました。

もっと

2020年(令和2年)個人情報保護法改正(1)

個人の特定ができないため個人情報には該当せず、提供方法を公表すれば、本人の同意を得ることなく、データを第三者へ提供することができるものです。 そのため、個人情報保護法の改正に関する最新の動向を注視しなければなりません。 現行法では違反とはなりませんが、結果として本人同意が無く第三者提供されたデータと組み合わせた個人データを利用したことが問題視されたことから追加された事項となります。 また、 「何かで使えるかもしれない」から「取得しよう/保存しておこう」 と考ている方も散見されます。

もっと