カール デーニッツ。 カール・デーニッツ

フレンスブルク政府

デーニッツは当初より300隻のUボートが最低でも必要(100隻が哨戒、100隻が戦場への往復、100隻が整備)と表明していたが、通商破壊に必要な数はおろか訓練用にも事欠く状態で、開戦時に「なんということだ! U1の就役を祝うものであった。 しかし、5月7日までにソ連軍を含めて無条件降伏を行わなければ、既に降伏している北部地区も爆撃すると脅され、ヨードルは漸く発効を5月9日に発効とすることに成功したのみであった。 これにより、旧プロイセン軍人のヒトラーへの嫌悪感が多少和らいだとされる。 月産29隻の供給では損害の補填しかできず、その上、レーダーの指揮下で水上艦艇の補助としてデーニッツは作戦を制約された。 デーニッツは1891年に生まれ、第一次大戦に突入した時には、大尉として軽巡洋艦ブレスラウBreslauに乗組んでおり、巡洋戦艦ゲーベン Goeben と共に、西地中海からコンスタンチノープルへの壮大な逃走を行なっていた。

もっと

カール・デーニッツ率いるUボートが群狼作戦において成功していれば...

ドイツ海軍は新しい国家元首に無条件に従います。 その中には彼の次男が含まれていました。

もっと

カール・デーニッツ

『』には以下の通り記述された。

もっと

アマカナタ: カール・デーニッツのことを最近知った

<空軍総司令官 ゲーリング>しかし空軍総司令官ゲーリングは、海軍が空軍の作戦計画に口出しするのを、最後まで許しませんでした。 司令官としての責任感があったなら、むざむざと兵士を死なす前に、もう限界だと総統に告げたはずです。 「戦争中私を真から恐れさせた唯一のものは、Uポートの脅威であった……広い大洋を横ぎっている我々の生命線、とくにイギリス近海の航路は、危険にさらされていた。 男所帯では愛情表現よりも、規範への服従が優先されました。 Uボートは今や、何隻あっても足りないくらいです。 祖国と皇帝を敬う愛国の精神は、多くの市民の胸に宿っていました。 ・・・(後略) — Dollinger, Hans. デーニッツの潜水艦戦略にとって、なくてはならない砦がようやく完成します。

もっと

カール・デーニッツの国民向けラジオ演説

しかしこの頃にすでに、連合国側の対潜能力向上により、Uボートの戦果が減少、これに反比例するようにUボート撃沈数が急増していった。

もっと