揮発 性 有機 化合物 一覧。 中華人民共和国国家標準GB38508

環境省_揮発性有機化合物(VOC)対策

注記 分液漏斗を用いる場合は,あらかじめ50 mLのところに線を付しておくとよい。 用いるガスタイトシリンジは,検量線作成に用いたものと同じもの を用いる。 こちらは小学生を対象とした勉強会で、大気環境やPM2. 2 b (検量線法) によって内標準物質の添加は行わないで,検量線の作成を行ってもよい。 注記 5. 次に,メタノールを標線まで加える。 5 カラム槽温度 5. 3 mLを手早く加えて密栓し,その質量を測定する。

もっと

環境省_揮発性有機化合物(VOC)対策

9ml 4 を手早く加えて密栓し,その質量を測定する。 改修によって室内に新しく持ち込まれたものがあるかどうかを確認する。

もっと

環境省_大気汚染防止法の概要

いずれも装置,測定条件によって定量範囲は異なる。 ) 備考 24. この方法の場合には,揮発性有機化合物を全て分離することは困難であるので,極性の異なる2種類以 上の充塡剤を用いた充塡カラムによって,重なりのないピークを用いて定量を行う。 この標準液は,検量線作成時に使用する。 この溶液の濃度は,前後の質量の 差から求める。

もっと

JISK0125:2016 用水・排水中の揮発性有機化合物試験方法

そして,特に苦情 の場合にはどのような逸脱も記録しておくことが望ま しい。 2及びJIS A 1961に準じ,かつ国内の ガイドライン(国土交通省, 厚生労働省,文部科学省) との整合性を保つために換 気時間は15分間以上とし た。 10 A 1964:2015 附属書A (参考) 室内空気中で検出されるVOCの例 A. 対象揮発性有機化合物の保持時間付近にピークが複雑に記録され,対象揮発性有機化合物に相 当するピークの確認が困難な場合は,極性の異なったキャピラリーカラムを用いたガスクロマトグラ フ法によるか,5. もし,連続的な放散源が他の放散源とは分離されて測 定された場合は,間欠的な放散源の影響は除外又は最 小化されたりする可能性がある(表2参照)。

もっと