リクナビ 事件。 『リクナビ』がブラック企業への最大の入口に――リクルート事件の反省なし、グレーゾーンで儲ける汚れた遺伝子:MyNewsJapan

リクナビ、学生個人の「内定辞退予測」説明なく企業へ販売…。選考への影響、オワハラにもつながる不祥事(酒井一樹)

あなた、持っていてはいけないはずの情報を持っていますね 山本一郎(以降、山本) 誰が「胴元」つまりdata controller(データ管理者)になるかが重要ということですね。 また、プライバシーポリシーの後段には、「属性情報・端末情報・位置情報・行動履歴等の取得及び利用について」という項も設けられています。 影響 [ ] 従来の事件と異なり、未公開株の譲渡対象が広範で職務権限との関連性が薄かったため、検察当局は大物政治家の立件ができなかった。 誰がそこのdata controllerか必然的に決まるならば、そのdata controllerが本人と対峙するときにしっかりと全体の利用目的をサービス単位で示してほしいと思うわけです。 しかし、それ以前に「リクナビ2020」に登録した会員には、改訂内容を表示する機会がなく、同意を行っていなかった。 しかし、最近、プロファイリングの典型である信用スコア(個人の行動履歴等から個人の信用度を数値化する)について、みずほ銀行とソフトバンクによる「J. が、「(1度目の勧告の)原因となった事項以外にも個人情報保護法に抵触する事実が確認されたため、あらためて勧告した」(同委)という。

もっと

改正個人情報保護法案の説明(リクナビ事件と重要な改正点の対照)|ビジネス法務のT田さん|note

労働省ルート [ ]• 未公開株の取引相手は、1984年からの期間に39人、1985年(昭和60年)に金融機関26社に、に37社および1個人にわけられる。

もっと

「リクナビ2020」会員データ提供の法律違反で是正勧告(個人情報保護委員会)

におこなわれたにおいての新人が自民党候補に圧勝した。 この問題に関するメディアや世論の論点は、個人情報の扱いが杜撰であったとして情報産業であるはずの同社の責任を追求するものが大半ですが、私はちょっとだけ視点を変えて見てみたいと思います。 同日に東京地検特捜部は江副前会長、前副社長、NTT元取締役2人を違反(贈収賄)容疑で逮捕した。 そのことと「利用目的の分割問題」はどういう関係にあるのですか。 青木から念のため公表すべきか相談されたため、あなた達の判断と返答したことから竹下首相側は公表しなかった。 当時、第二次世界大戦後の日本においての最大のであり、また贈収賄事件とされた。

もっと

「個人情報」と「プライバシー」の違い(出水市の虐待死とリクナビ事件について考える)

に藤波元官房長官、NTT会長、前文部、前労働事務次官へのコスモス株譲渡が発覚した。 今後の方針を決めるところだったが、当時の対応を検証したい」としています。 ただ法で明確に禁止されていないからといってプロファイリングを無限定に行えば、今回の「内定辞退率」問題のような事態を引き起こすリスクは、今後ますます増大していくものと考えられます。 私の会社では企業コンサルティング事業とは別に、街おこしの関係で飲食店を地方都市で経営しています。 今回の事案は、職業安定法と並行して、個人情報保護法にも抵触するのだが、こちらは学生本人の同意さえ得られればビジネス続行の可能性はあった。 リクルートがエントリーシートを熟練面接官並みの精度で自動採点するAIを開発、自社の新卒採用で成果を上げている。

もっと

リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説

自分のどのような個人情報が何のために使われるのか理解できなくなっている。 本体サービスの効果がイマイチだったので、契約は更新しないという方針を伝えてもらいました。 なおプロファイリングによる要配慮個人情報の予測は、要配慮個人情報の取得(個情法17条2項)に該当するとの見解もある(山本龍彦「プライバシーの権利を考える」(信山社)266頁) プロファイリングを行う際に望ましいと考える設計運用案 ではプロファイリングを行う事業者としては、今後どのような点に留意すればよいでしょうか。 、身の潔白を証明するための証拠とすべく議員宿舎でのコスモス社社長室長との会談の模様を記者の協力の下ビデオカメラで隠し撮りを行う。 特定の程度としては、ガイドライン通則編()より一歩踏み込んで、プロファイリングを行うことに加え、プロファイリング結果にどのようなラベル(本件であれば「内定辞退率」)をつけて利用する予定かについても、可能な限り記載しておく。 7月になるとマスコミ各社の後追い報道によって、前、首相、・、、自民党ら、自民党クラスにもコスモス株が譲渡されていたことが発覚した。 () ・最新情報はツイッターやFBページでお届けしております。

もっと

「個人情報」と「プライバシー」の違い(出水市の虐待死とリクナビ事件について考える)

同社は2014年にエントリーシートの大量提出を煽り炎上した。 報道を受け、リクルートはプレスリリースにて「説明方法」を検討できるまで本サービスの提供を一時休止すると表明した。

もっと

リクナビ、学生個人の「内定辞退予測」説明なく企業へ販売…。選考への影響、オワハラにもつながる不祥事(酒井一樹)

この提携先サイトはクッキーの用途について「プライバシーの保護、利便性の向上、広告の配信、及び統計データの取得のため」との説明にとどまり、「個人情報は一切含まない」としている。

もっと

そもそも、リクナビ問題は何が問題だったのか――専門家ら討論「個人情報保護、本来の目的に立ち返って」:EnterpriseZine(エンタープライズジン)

説明方法だけでなく、「そもそもどこまではやってよいか、やってはいけないか」という線引きをよく検討していただきたい。 リクルートは、1960(昭和35)年に故・江副浩正氏が、自身が学生時代に携わってきた東大新聞の広告セールスコミッションの業務を引き継ぐ形で創業した広告代理店です。 やむなくリクルートキャリア本社の代表電話にかけたら、リクナビなのに、なぜか「リクナビネクストホットライン」が窓口だと教えられ、自分が遭った被害について、証拠の音源つきで報告した。 厚労省はリクルートHDが考案した「新しいビジネスモデル」を本気でつぶしにかかったのだ。

もっと

リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説

リクルートキャリアの によれば、「ご同意いただいたプライバシーポリシーに基づき、リクナビサイト上での行動履歴の解析結果を取引企業に対して提供しておりました」との記載があるため、リクルートキャリア自身はユーザー個人が特定されるかたちで内定辞退率を提供することについて、同プライバシーポリシーによって同意を取得できていると判断していたようです。 ( 2019年8月2日最終アクセス) リクナビ利用規約・プライバシーポリシー上の取り扱い 問題となった利用規約・プライバシーポリシーを確認してみます。 平成31年3月に、現DMPフォローの提供開始とともにプライバシーポリシーを、リクルートキャリアから顧客企業への個人データの第三者提供を可能にするよう改訂した。 にが開催された。 これが一般的な、シェアトップのリーダーらしい上場企業の対応だろう。 その過程において江副氏が何より重視したのが営業成果でした。 リクナビ問題ににじむ、過去から脈々と続くリクルートの企業文化は、多くの企業とその経営者に警鐘を鳴らしているように思えます。

もっと