47 行政 ジャーナル。 【セキュリティ ニュース】ニュースサイト「47行政ジャーナル」が改ざん

【セキュリティ ニュース】ニュースサイト「47行政ジャーナル」が改ざん

同サイトの一部ページが改ざんされた状態であることが判明したもの。 ネットワークを分離し、利用を必要最低限に制限しているインターネットでの情報収集と比較して、収集した情報を容易に活用できるため、自治体の業務効率化が図れます。 「LGWAN-ASP基盤サービス」は、富士通エフ・アイ・ピーがアウトソーシングサービスの提供や、LGWAN上でのアプリケーション提供の支援で培ったインフラ構築・運用のノウハウを生かし、2016年11月より販売を開始したクラウドサービスです。 あらかじめご了承ください。

もっと

行政手続きの押印を廃止へ 長野市や県

「47行政ジャーナル」は、2007年から開始した自治体向けの情報サービスです。 本社(汐留メディアタワー)、札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡に支社、各都道府県46都市に支局を置いて全国を網羅した取材を展開しています。 長野市の加藤久雄市長は2日の市議会定例会代表質問で、行政手続きで市民に求めている押印について「できるものから見直す」との方針を明らかにした。

もっと

【セキュリティ ニュース】ニュースサイト「47行政ジャーナル」が改ざん

クラウドサービスについては、長年培ってきたアウトソーシングやソリューションなどのサービスノウハウを融合し、お客様が求める幅広いニーズに対応しています。 今後も、共同通信社と富士通FIPは、47行政ジャーナルのLGWAN上での提供に向けて、構築を進めていく。 また、LGWAN特有の構成設計や申請対応、その後の構築から運用サポートまで、経験豊富なSEがサポートします。 注3 富士通エフ・アイ・ピー株式会社: 本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 誠人 お客様の大切なデータをしっかりと守り運用するデータセンターを基盤に「アウトソーシング」、「クラウド」、「ソリューション」の3つのサービスを提供、システムの企画から設計、開発、運用、保守まで、ライフサイクル全般を支援し、お客様に安心・安全で、高品質かつ高コストパフォーマンスのICTサービスを提供しています。 パソコンやスマートフォン、タブレットなどインターネット接続環境があれば利用できるため、その手軽さから利用が広がり、会員数は約15,000人(2017年8月現在)にのぼります。 日本語だけでなく英語や中国語、韓国・朝鮮語でも配信し、アジアに軸足を置く日本を代表する総合国際通信社です。 一方、県の条例や規則で押印が必要な手続きは、県の公園施設の使用許可や高校の授業料減免の申請など。

もっと

【セキュリティ ニュース】ニュースサイト「47行政ジャーナル」が改ざん

サービスの提供に際しては富士通エフ・アイ・ピー(富士通FIP、米倉誠人社長)が、LGWAN上でアプリケーションを提供する事業者向けに展開しているクラウドサービス「LGWAN-ASP 基盤サービス」を活用する。 LGWAN上でのアプリケーション提供を目指す事業者は、これらのプロセスで大幅に負担が軽減されるため、自社のアプリケーションに集中できます。 こうした要望に応えるため、共同通信社は、富士通エフ・アイ・ピーがLGWAN上でアプリケーションを提供する事業者向けに展開しているクラウドサービス「LGWAN-ASP基盤サービス」を活用し、2018年4月(予定)から、「47行政ジャーナル」をLGWAN上でも提供することを決定しました。 LGWAN-ASP基盤サービス(富士通エフ・アイ・ピー) 商標について 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。 すでに修正は完了しているという。 これに加え、セキュリティリスクの高いインターネットへの接続は必要最低限に限定することも勧めている。

もっと

【セキュリティ ニュース】ニュースサイト「47行政ジャーナル」が改ざん

LGWAN上でのアプリケーション提供を目指す事業者は、これらのプロセスで大幅に負担を軽減できるため、自社のアプリケーションに集中できる。 共同通信社のほか北海道から沖縄まで全国43の新聞社が取材した最新の行財政情報を登録会員に提供している。 申請自体のデジタル化の検討も進める方針で、市行政管理課は「市役所に来なくても申請できるようになれば、市民サービスの向上につながる」としている。

もっと

共同通信社と富士通FIP、47行政ジャーナルをLGWAN上で提供へ

このページを共有. このネットワークを介して、地方公共団体は各種の行政サービスを共同で利用することができます。 2006年9月には日本のメディアとして初めて北朝鮮の平壌に支局を開設、その後もキューバ・ハバナやインド・ムンバイに支局を開設するなど世界のニュースの取材、編集活動を強化しています。 総務省は自治体に対し、自治体情報セキュリティ対策の抜本的な強化に向けて、マイナンバーによる情報連携に活用されるLGWAN環境のセキュリティ確保に資するため、LGWANとインターネットの接続環境の分離を求めています。 共同通信社(福山正喜社長)は8月22日、同社が各地域の新聞社と一体となって展開している自治体向け会員制情報サービス「47行政ジャーナル」を、2018年4月にLGWAN上で提供すると発表した。

もっと

自治体向け会員制情報サービス「47行政ジャーナル」、2018年4月からLGWAN上でサービスを開始 : 富士通エフ・アイ・ピー

47行政ジャーナルを運営する共同通信社に対しても、各自治体から直接、または各地域の新聞社を通じて、LGWAN上でのサービス提供に対する要望が多く寄せられていた。 法令などで実印が必要な手続きを除いて廃止する予定で、今後対象を精査する。 また、LGWAN特有の構成設計や申請対応、その後の構築から運用サポートまで、経験豊富なSEがサポートする。 オープンパブリックからプライベートまで、お客様のご要望に応じたクラウド環境を提供するほか、流通、製薬、医療、官庁・自治体、セキュリティなどの様々な分野のソフトウェアをSaaSサービスとして提供し、サービスビジネスの推進を強化しています。

もっと

共同通信社と富士通FIP、47行政ジャーナルをLGWAN上で提供へ

共同通信社のほか、北海道から沖縄まで、全国43の新聞社が取材した最新の行財政情報を登録会員に提供しています。

もっと