港 区 白金 郵便 番号。 東京都港区の地図(ストリートビュー、渋滞情報、衛星画像)

東京都 港区の郵便番号 | 郵便番号検索エンジン

区成立当初の町丁数について『角川日本地名大辞典 東京都』の62頁には「51」、同書999頁には「53」とある。 〒107-6105 アカサカアカサカパークビル(5カイ)• 銀の読みと同様に町名も、しろかねと濁らないのが正式のようです。 (一部)• 〒107-6306 アカサカアカサカビズタワー(6カイ)• 〒108-6014 コウナンシナガワインターシティAトウ(14カイ)• 1 芝新門前町、芝新門前河岸、芝赤羽町、芝三田小山町、芝三田1〜4、芝三田綱町、芝三田北寺町、芝三田南寺町、芝田町6〜9、芝三田功運町、芝三田台町1・2、芝三田豊岡町(以上全)、芝田町4・5、芝伊皿子町、芝通新町、芝三田台町3、芝三田松坂町、麻布北新門前町、麻布新広尾町1・2 みた 1967. 〒105-7511 カイガントウキョウポートシティタケシバオフィスタワー(11カイ)• 赤坂溜池町 - 1888年(明治21年)成立• 894倍の人口になる(東京都編集『東京都の昼間人口2005』平成20年発行122,123ページ 国勢調査では年齢不詳のものが東京都だけで16万人いる。 〒105-6201 アタゴアタゴグリーンヒルズモリタワー(1カイ)• 1 芝虎ノ門、芝琴平町、芝西久保桜川町、芝西久保明舟町、赤坂葵町、芝西久保巴町、芝神谷町、芝西久保城山町、芝葺手町(以上全)、麻布市兵衛町1、芝西久保広町、芝西久保八幡町 とらのもん 1977. 〒108-6017 コウナンシナガワインターシティAトウ(17カイ)• 白金台の最寄り駅• 〒107-6314 アカサカアカサカビズタワー(14カイ)• 〒107-6215 アカサカミッドタウン・タワー(15カイ)• 直線距離で約680 m の場所に位置し港区にあります。 明治期には芝区大字品川沖と称された。 一丁目は(37年)大部分が東麻布のうちとなり、ごく一部が(56年)まで存続(現・東麻布二丁目7番)。 1 麻布西町(全)、麻布山元町、麻布三軒家町、麻布一本松町、麻布本村町、麻布宮村町 もとあざぶ 1966. 1949芝今入町から芝虎ノ門に改称。

もっと

東京都 港区の郵便番号 | 郵便番号検索エンジン

青山南町一丁目 1872 1967 南青山1・2、六本木7 1947より「赤坂」を冠称。 1 麻布東町、麻布竹谷町、麻布新堀町、麻布富士見町、麻布広尾町、麻布盛岡町(以上全)、麻布本村町、麻布新広尾町1〜3 もとあざぶ 1966. 〒108-6118 コウナンシナガワインターシティBトウ(18カイ)• 明治7年()3月、区割りは再度見直され、朱引が復活。 1 芝虎ノ門、芝琴平町、芝西久保桜川町、芝西久保明舟町、赤坂葵町、芝西久保巴町、芝神谷町、芝西久保城山町、芝葺手町(以上全)、麻布市兵衛町1、芝西久保広町、芝西久保八幡町 あたご 1978. 〒107-6228 アカサカミッドタウン・タワー(28カイ)• 〒108-6016 コウナンシナガワインターシティAトウ(16カイ)• 1 麻布笄町、麻布霞町、麻布材木町、赤坂青山南町5・6、赤坂青山高樹町、麻布桜田町、麻布三軒家町 みなみあざぶ 1966. 1911伝馬町三丁目に改称。

もっと

港区の町名 (東京都)

〒105-7536 カイガントウキョウポートシティタケシバオフィスタワー(36カイ)• 〒107-6116 アカサカアカサカパークビル(16カイ)• 〒105-7537 カイガントウキョウポートシティタケシバオフィスタワー(37カイ)• 〒105-6240 アタゴアタゴグリーンヒルズモリタワー(40カイ)• 前者は東麻布二丁目1番、後者は東麻布二丁目7番となった。 〒107-6325 アカサカアカサカビズタワー(25カイ)• 徒歩17分以上が目処です。

もっと

東京都 港区の郵便番号 | 郵便番号検索エンジン

「白金」の読み [ ] 一般に「しろかね」と「しろがね」が混用されて読まれる白金だが、町名の白金は正しくは「しろかね」と発音し、「しろがね」ではない。 〒107-6214 アカサカミッドタウン・タワー(14カイ)• 〒105-6205 アタゴアタゴグリーンヒルズモリタワー(5カイ)• 〒107-6323 アカサカアカサカビズタワー(23カイ)• 白金高輪駅(しろかねたかなわえき)白金から南東に徒歩4分程度で東京メトロ南北線の白金高輪駅に着きます。 〒105-6241 アタゴアタゴグリーンヒルズモリタワー(41カイ)• - 白金二丁目と白金台一丁目の境界上の坂。 〒107-6028 アカサカアカサカアークヒルズ・アークモリビル(28カイ)• 1 麻布田島町(全)、芝三田老増町(全)、麻布新広尾町2・3、芝白金志田町、芝白金台町1、芝白金三光町 しろかねだい 1969. 〒107-6322 アカサカアカサカビズタワー(22カイ)• 〒108-6025 コウナンシナガワインターシティAトウ(25カイ)• (元年)、成立に伴い、白金村は東京府の所属となる。 〒108-6001 コウナンシナガワインターシティAトウ(1カイ)• 〒108-6109 コウナンシナガワインターシティBトウ(9カイ)• 外部リンク [ ]• (4年)、白金村より白金台町1~11丁目と白金猿町が分離する(現在の港区白金台)。 〒107-6238 アカサカミッドタウン・タワー(38カイ)• 白金一丁目 2,584世帯 4,357人 白金二丁目 1,285世帯 2,615人 白金三丁目 2,381世帯 4,002人 白金四丁目 806世帯 1,570人 白金五丁目 1,091世帯 1,700人 白金六丁目 2,015世帯 3,787人 計 10,162世帯 18,031人 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 〒107-6190 アカサカアカサカパークビル(チカイ・カイソウフメイ)• 〒108-6112 コウナンシナガワインターシティBトウ(12カイ)• (24年)原宿村飛地を編入。

もっと

港区ホームページ/白金(しろかね)

泉岳寺駅(せんがくじえき)白金から見て南東の方角に1. 〒107-6114 アカサカアカサカパークビル(14カイ)• 〒107-6242 アカサカミッドタウン・タワー(42カイ)• (明治24年)、芝区白金村のうち旧今里村の区域は白金今里町に、その他の地域は白金三光町となり、白金村が消滅する。 (22年)当町の一部をに編入(同村大字麻布広尾町となる)。 〒107-6125 アカサカアカサカパークビル(25カイ)• 1889年、南豊島郡渋谷村に編入。 〒108-6190 コウナンシナガワインターシティBトウ(チカイ・カイソウフメイ)• 人文社編集・刊行『明治大正東京散歩』(古地図ライブラリー別冊)、2003 外部リンク [ ]• 人文社編集・刊行『昭和三十年代東京散歩』(古地図ライブラリー別冊)、2004• 1947より「赤坂」を冠称。

もっと

東京都港区白金 〒108

1 赤坂表町1、赤坂伝馬町1〜3、元赤坂町、赤坂青山権田原町(以上全)、赤坂表町2、赤坂青山六軒町 もとあかさか 1966. 〒107-6241 アカサカミッドタウン・タワー(41カイ)• 表町四丁目は1966住居表示実施に伴い廃止。 〒108-6018 コウナンシナガワインターシティAトウ(18カイ)• 〒105-7531 カイガントウキョウポートシティタケシバオフィスタワー(31カイ)• 〒108-6106 コウナンシナガワインターシティBトウ(6カイ)• 麻布網代町 江戸期 (37年) 麻布十番2・3 麻布坂下町 江戸期 (37年) 麻布十番2・3 麻布一本松町 江戸期 (41年) 麻布十番2、1・2 麻布宮村町 江戸期 (41年) 麻布十番2、六本木6、元麻布2・3 江戸期 (42年) 西麻布3、六本木6 麻布三軒屋町 江戸期 (42年) 元麻布2・3、西麻布3 (2年) [ ] (42年) 南青山6・7、西麻布2・3・4 (24年)飛地を編入 (5年) [ ] (42年) 西麻布1・2・3、六本木6・7 (24年)原宿村飛地を編入 麻布山元町 (2年) [ ] (41年) 麻布十番2・3、元麻布1 麻布本村町 江戸期 (41年) 1 - 4、元麻布1・2 麻布富士見町 (5年) [ ] (41年) 南麻布4・5 (12年)麻布本村を編入 麻布盛岡町 (5年) [ ] (41年) 南麻布5 麻布東町 (2年) [ ] (41年) 南麻布1 麻布西町 (2年) [ ] (41年) 元麻布1・2 麻布竹谷町 (5年) [ ] (41年) 南麻布1・3 麻布新堀町 (5年) [ ] (41年) 南麻布2 麻布田島町 江戸期 (44年) 1・3・5 麻布広尾町 江戸期 (41年) 南麻布4・5 (12年)麻布新笄町を編入。 〒105-7528 カイガントウキョウポートシティタケシバオフィスタワー(28カイ)• 白金台駅(しろかねだいえき)東京メトロ南北線の白金台駅は港区にあり、南西方向に1. 〒107-6226 アカサカミッドタウン・タワー(26カイ)• (明治2年)、白金氷川社門前などの寺社地を合併して、新たに白金錦町が起立される。 〒107-6032 アカサカアカサカアークヒルズ・アークモリビル(32カイ)• 1872赤坂裏二丁目に改称。 〒107-6207 アカサカミッドタウン・タワー(7カイ)• 青山南町二丁目 1872 1966 南青山2 同上 青山南町三丁目 1872 1966 南青山2 同上 青山南町四丁目 1872 1966 南青山2・3 同上 青山南町五丁目 1872 1966 南青山3・4 同上。 年間、のであった柳下上総介が当地を開墾、白金村を開く。 この際、麻布飯倉町四丁目の残余と麻布森元町一丁目の残余を編入。

もっと