M8 グラン クーペ。 BMW、V8ツインターボの4WDモデル「M8 グラン クーペ」。“Competition”の最高出力625PS

BMW 8シリーズ グラン クーペ

その最上級モデルがM8グランクーペ コンペティションである。 ステアリングホイールにはあらかじめ設定しておいたドライビング設定を呼び出せる「M1」「M2」スイッチが備わる。 低速で追従走行する場合に限られた機能なのだ。 クーペよりも約200mm延長されており、必然的に全長も伸びて5mを超える。 センタートンネルにはカーボンコア構造を採用。 デザインに関して自分はセンスも知識も希薄だと思っているのであくまでも個人的な意見なのだけれど、6のグランクーペに見た伸びやかで流麗なスタイリングは、あれくらいの全長と全幅だったからこそ成立していたのであり、それを小さくデフォルメしてしまうと雰囲気がずいぶん変わってしまうんだなと感じた。

もっと

新登場「BMW M8 グラン クーペ」の『細道での対向車すれ違いに困らない先進支援システム』とはどんな装備?

ドライブ時のパートナーが、ホテルで常にベルパーソンを呼ぶほどの荷物持ちでも安心だ。 5円)以上充当させていただくことへのご同意が必要となります。 後席の足元にも頭上にも、思いがけないほどの余裕がある。 「高級なスポーツクーペとはこのことだ」と、いささか広告めいた感想を抱く。 室内では特別仕様のシートやインテリア・トリムが優れた快適性をもたらすとともに、空間の隅々までをエクスクルーシブな雰囲気で満たします。 もちろん、優しい乗り心地のまま、かみつくようなエンジンレスポンスを楽しんだり、逆に動力系を穏やかに、足まわりだけシャキッと厳しくすることも可能。 M8、M8コンペティションとも、80kg軽い1910kgとなる。

もっと

BMW M8 クーペ

軽量化に貢献しているだけでなく、上質感や高性能を印象づける効果もあるようだ。 それでも750Nmというトルクは強烈だし、アクセルレスポンスに対して遅れなく反応するからちょっと湿った路面だと4WDを過信して不用意にアクセルペダルを踏み込むとカウンターステアが必要なほどリアが滑る。 6%の実績となる。 M8らしさは、4ドアでもまったく損なわれていなかった。 ありあまるほどのパワーがあるので、通常はロードモードで何も不満はない。 価格も同ブランドの中でトップクラスだが、ラグジュアリーとスポーツを高次元で両立させるその走りは、最強の一台と呼ぶにふさわしいものだった。

もっと

BMW M8グランクーペ

2ドアのクーペに対し、4枚のドアを持つのがグランクーペである。 高いスタビリティと高性能ブレーキが、高速ドライブをいっそうイージーに、かつ楽しく演出する。 今回の試乗車には、コンペティションモデルの特権であるMカーボンエクステリアパッケージ(73万9000円)、多様なドライブモードが用意され、最高速度が引き上げられるMドライバーズパッケージ(33万5000円)、グレードアップしたオーディオ(60万9000円)など、305万2000円相当のオプション装備がおごられていた。 2秒で加速する。 BMW Mが開発した4. ・本特典は、換金及び第三者へ譲渡することはできません。

もっと

BMW・Mシリーズの頂点、M8グランクーペは新たなスポーツカー像を提示

今回、実用的なリヤシートとリヤドアを備えたフル4シーターとして「M8 グランクーペ/M8コンペティション グランクーペ」がラインナップに加わった。 ひとたびアクセルを踏み込めば、心地よく吹け上がるエンジンとともに、軽やかに踊る回転計。

もっと

BMW Mの新たなフラッグシップモデル「M8グランクーペ」が日本上陸 【ニュース】

スポーティさの証はハンドル内側左右に付く赤いボタンだ。

もっと