週刊 ベース ボール ドラフト。 community.lifetouch.com

週刊ベースボール

前週の本誌が合併号になるため、名鑑部分以外の内容は本誌とほぼ同じ。 タイトル 作者 連載開始号 連載終了号 連載回数 黒いペナント 1958年12月3日号 1959年4月15日号 20回 春の打席 1959年4月22日号 1959年8月19日号 18回 眼鏡の打者 1960年1月13日号 1960年5月11日号 18回 10番打者 1961年11月27日号 1962年5月21日号 26回 地下球場 佐野洋 1962年8月20日号 1963年4月22日号 36回 まぼろしの監督 有馬頼義 1966年11月7日号 1967年4月17日号 24回 スポットライトの陰に 1978年12月18日号 1979年1月22日号 5回 マジック・レース'85 1985年1月7・14日合併号 1985年1月21日号 2回 ミスター 川上健一 1992年1月6・13日合併号 1992年1月20日号 2回 「丸ごとラッキーゾーン」の秘密 川上健一 1992年4月18日号 1992年4月25日号 2回 連載漫画 [ ]• には同コーナーの傑作をまとめた単行本『いきなりビーンボール』(同年8月発売。

もっと

週刊ベースボールの最新号

82よりが「の記事が多くの記事が少なかった」と語っている。

もっと

週刊ベースボールの最新号

4回繰り返した「なかなかよい結果が出ない中で……」 晩秋の夕暮れに、この目でストレートを捉えるのがいっぱい、いっぱいで、変化球は他の捕手の方にお願いしたが、森木大智、目下の持ち球は、スライダーにカットボールにタテのカーブ。 目指すは新人王」と意気込んでいたが、結果は3勝止まり。 7月21日発売の8月2日号で創刊3000号を達成。

もっと

community.lifetouch.com

2000年代以降、『ベースボールマガジン』において「出張版」として同誌の特集テーマに基づいた企画を掲載することがある。 白球の視点 1984年11月26日号から1999年まで連載。 6月により書籍化)や本誌での『ユニフォーム物語』のコンセプトを引き継いでいる。 プロ野球全選手写真名鑑 [ ] 毎年2月中旬(おおむね10日前後)には、(NPB)に在籍する選手・コーチ・監督のデータと担当記者による寸評を収録した名鑑として「 プロ野球全選手写真名鑑」(2002年版まで「 プロ野球全選手写真名鑑号」)を発売している。 連載小説 [ ] 創刊以来、推理小説、恋愛小説を始めとした多くの連載野球小説が掲載されている。

もっと

来秋ドラフト目玉「最速150キロ中学生」 高2になった“高知高の剛腕”のボールを受けてビックリした話(Number Web)

パ・リーグの記事が少ないという福本の意見に対しても、同誌p. これは、企画開始当初、地方では事務所を見つけて手書きの原稿を発送していた作業が、後半頃降はを送れば済んでしまったり、資料を整える作業も、メジャーリーグの記録がインターネットですぐ手に入るようになるなどして、原稿を書く際に生じる負担が軽減されたのも大きい。 リハビリを経て復帰した二軍でなかなか思うようなプレーができず。 オープン戦での打率は. 高岡凡太郎の作品。 昨年の12月、雑誌『ホームラン』の取材で、森木大智投手を訪ねていた。 また、名鑑号の発行以降に入団・退団・移籍した選手・首脳陣については、シーズン中の支配下登録期限日(毎年7月31日)直後に発行される通常号に特集扱いで紹介される。 1975年…9月14日号を『スキー案内』NO,1として発行。

もっと