ポルシェ 718 スパイダー。 Porsche 718 Spyder

【試乗】ポルシェ718ケイマンGT4と718スパイダーの正確無比なハンドリングはサーキットにフォーカスした証

ボンネット先端にはGT系お馴染みののエア抜きダウンフォースグリル。 0リッター同士で比較すると公称CO2排出量は新型の方が劣っているが、今後重視されてくるRDE試験でのエミッションと燃費を考慮するとその差は限りなくゼロになる、状況によっては上回ることにもなるだろうという。

もっと

ポルシェ ボクスター&ケイマン に6気筒復活、7速PDK初設定…2021年型を欧州発表

シャシーとの接合部分には、ボールジョイントを使用した。 さ~て、ポルシェ911以外のモデルにおいては、ほとんど何もわかっていない私 笑。 もっとも、このリアクションの速さは、世の不満に応えたというより、むしろ最初から予定していたのではないかと勘繰りたくなるほどだ。 けれども時が流れ、販売も軌道に乗って市場からもより多彩なバリエーションが求められるようになると、そこではさらなるハイパフォーマンスバージョンの展開が避けられなくなってくる。 しょうがないんだよ。 もっとも、911 GT3譲りのシャシーを使うのは先代ケイマンGT4も同様だったから、それだけでは驚きはない。

もっと

ポルシェ 718 スパイダー|価格・新型情報・グレード諸元

1961年のに3台が出場し、1,966ccスパイダーが総合5位、1,606ccクーペが総合7位、1,587ccクーペが総合10位に入賞した。 リアアクスルにより大きな荷重が均一にかかるため、トラクションと加速性能が向上します。 問題は下り。 マフラーサイレンサーを鞍型とすることで実現した、リヤバンパー下面への大型ディフューザーの搭載も、やはり共通だ。 マイクテクノロジーに基づくサウンドコンディショナーが走行状況にあわせてリアルタイムに音質を調整するうえ、プリセットされたイコライザーを幅広く選択できるため、あなたは思うままに至福の体験を味わえます。 またベンチレーテッドタイプとクロスドリル加工によって、高い耐熱性とともに濡れた路面でも優れたレスポンスをもたらします。 8リットル水平対向6気筒ガソリンエンジンで、最大出力375ps。

もっと

ポルシェ 718 スパイダー|価格・新型情報・グレード諸元

0リッター/100km ポルシェ「カレラGT」 ポルシェ「917」(画像左) 「918スパイダー」の洗練されたデザイン ポルシェ 918スパイダー ポルシェらしい流麗なフォルムのボディは軽量化のため、CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製の(一体成形)ボディを採用。 718ケイマンGT4と718スパイダーは、初めてテクニカルベースを共有する。

もっと

新型ポルシェ 718 スパイダー初試乗! 抜群の軽快感で魅せるハードコアモデル【動画レポート】

ソフトトップを備える「718スパイダー」(写真)の全高は、クローズドボディーの「718ケイマンGT4」に比べ11mm低くなる。 アクセルワーク、ブレーキング、ハンドリング、すべてがダイレクト。 これまでご紹介してきたように、ポルシェ918スパイダーは自動車の中では、間違いなく最高峰の速さを誇るスーパーカーですが、果たして競技用の飛行機との対決はどちらが勝つのでしょうか。 「GT4」ロゴが添えられる。 ともに150リッターとなっている。 これに、幌の色のオプションは「黒」か「赤」です。

もっと

ロードテスト ポルシェ718スパイダー ★★★★★★★★★☆

両モデルはポルシェのいわゆる「GTモデル」ラインに属し、モータースポーツ部門が開発を担当する。 718ケイマンGT4とは異なるアピアランス フロントまわりをよく見ると、これとバランスを取るためにリップスポイラーが718ケイマンGT4よりやや短くなっていることが解る。

もっと

ポルシェ・718

クランクジャーナル径の拡大、スチールコーティングのシリンダーの採用など改良が加えられているとはいえ、量産ユニットをベースにして価格を抑えることも、あえて新開発となった理由である。 お店に入るのに進むしかないんだから。 トラクションモードとオーバーランモードでは、6速MT車よりもロック値を引き上げた。 気になった方はぜひ動画をご覧下さい。 最大トルクは42. この構成は、ポルシェの卓越した重量配分とハンドリングの軽快さをもたらすそう。

もっと

ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 望みのままに

その基盤が、何十年にもわたって磨き上げられたスポーツカーに必須のエルゴノミクスです。 0リッター・フラット6は現状、ボクスター&ケイマンのみに与えられる特別なユニットだ。 ちょっとコンビニいってくるで4。 むしろ注目すべきはエアロダイナミクスの進化だろう。 Porsche 718 Spyder ポルシェ 718 スパイダー 原点回帰しハードコア志向の718スパイダー 2代目ボクスター、タイプ987の後期型の時代に最初のモデルが登場したボクスター スパイダーは、ソフトトップを簡素化した手動開閉式のものへと改め、エアコンレスを標準とするなどして軽量化を図ったプリミティヴなロードスターであった。 これに対して、718スパイダーと718ケイマンGT4では、6気筒ボクサーエンジンが復活している。

もっと