スペーシア マイナーチェンジ。 スペーシア、マイナーチェンジしました!【東岡山店】|軽自動車専門店ハヤシのブログ

2020年 スズキ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

これにより可愛いデザインだけれども車が引き締まって見えます。 充実!スズキ新型スペーシアの安全装備と便利機能は? 新型スペーシアの安全装備には、先進安全システム「スズキセーフティーサポート」が全車標準装備されています。 2018年12月1日 派生モデル「スペーシア ギア」のティザーサイトを公開。 スペーシアカスタムは紫系(オプションカラー)の「ミステリアスバイオレットパール」を3代目採用色の「ムーンライトバイオレットパールメタリック」に入れ替え、特別仕様車「Xリミテッド」専用色だった「アーバンブラウンパールメタリック」を追加して7色に拡大した。 こちらはスペーシアのSエネチャージターボです。 このマイナーチェンジでは主に安全装備の強化がなされ、デュアルセンサーブレーキサポートからデュアルカメラブレーキサポートへの変更やSRSカーテンエアバッグの装着グレードの拡大に加え、スペーシア「HYBRID X」アップグレードパッケージ装着車とギア、カスタムにはアダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]が新たに装備。

もっと

2020年 スズキ 新型車発売 モデルチェンジ情報 まとめ

ふらつき警報機能• スペーシアのCMキャラクターには、、、、が起用された。 HYBRID GS(自然吸気エンジン) FF:1,648,900円、4WD:1,772,100円• 走行性能が不足しやすい背の高い軽自動車の走りを気持ちよく。 内装はドアアームレスト・ステアリングガーニッシュ・ステアリングステッチ・エアコンルーバーリング・エアコンルーバーガーニッシュにゴールド加飾を施し、ファブリックシート表皮はブラックを基調にをイメージした模様があしなわた。 ふらつき警報機能 約60キロ~約100キロで走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。 運転の疲れなどで車両が蛇行し、システムが「ふらつき」と判断した場合、ブザー音とメーター内の表示・表示灯によって警報を発し、ドライバーに注意を促します。 「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」を新採用し、「スペーシア HYBRID Xアップグレードパッケージ」、「スペーシア カスタム」、「スペーシア ギア」に標準装備• 2015年12月21日 特別仕様車「Gリミテッド」発売。

もっと

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」がマイナーチェンジ。安全装備の拡充や新ボディカラーの設定などを実施

「スペーシア」or「スペーシア カスタム」or「スペーシア ギア」については、質感にこだわるなら「スペーシア カスタム」、SUVテイストにしたい方は「スペーシア ギア」、安くお得に購入したい方は「スペーシア」がおすすめです。 内装はにおいて上面を低くした上下2段構造とし、上部はブラウン、下部を明るめのベージュの2トーンカラーとした。 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。

もっと

新型スペーシア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価

新開発プラットフォーム・ハーテクト採用• 必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2017年9月22日 ,• さらに、カタロググレードでは設定されていないバックアイカメラをメーカーオプション設定した(使用の際にはバックアイカメラ対応純正ナビゲーションと電源ボックスが別途必要)。 プレスリリース , スズキ株式会社, 2016年12月22日 , 2016年12月22日閲覧。 モーター形式 WA04A• なお、フロアサイドメンバーの高張力鋼板には新日鐵住金(現・)製が使用されている。 今後も改良やフルモデルチェンジを繰り返し、モデルの鮮度を保ってNBOXやタントなど、ライバル車と販売合戦を繰り広げて行くでしょう。 今回のフルモデルチェンジでの最大の目玉は新型アルトに採用された新プラットフォーム「HEARTECT」を採用し軽量化と剛性アップさせ燃費向上を果たす。 まずスペーシアは、全グレードにクールカーキパールメタリックを新設定。

もっと

スズキの軽スーパーハイトワゴン「スペーシア」がマイナーチェンジ。安全装備の拡充や新ボディカラーの設定などを実施

前述のとおり、NA車は「エネチャージ」から「S-エネチャージ」に変更。 当然ですが、年間走行距離がもっと多ければさらに差は開くことになりますし、10年間乗るなら2~5万円程度お金が浮くことになります。 「デュアルカメラブレーキサポート」を全車標準装備• 「T」はフロントグリルが上部に白色LEDのイルミネーションを内蔵したフルメッキタイプとなった。 エンジン R06A• ボディカラーは「シルキーシルバーメタリック」、「パールホワイト(オプションカラー)」、「X」専用色の「フィズブルーパールメタリック」の3色を設定する。 プレミアムパープルからアメジストパープルに変更(デイズ ハイウェイスター)• 特に、これまで「クルーズコントロール」の設定しかなかった「スペーシア」・「スペーシア カスタム」・「スペーシア ギア」に 「アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]」が新たに採用されたことは大きいでしょう。

もっと

スペーシア一部改良2020年8月20日|夜間歩行者検知&全車速クルコン追加

「スペーシア カスタム」のボディカラーに、「スチールシルバーブラック 2トーンルーフ仕様」を新設定• なので、新車から値引きしても、 下取り車の利益で補てん出来てしまうので、ディーラー的には損が無いと言う事になります。 モーター出力向上・一部EV走行が可能に。

もっと

スペーシアがマイナーチェンジ 2015年8月にはSエネチャージターボも発売

特に、加速時にモーターがエンジンをアシストする機能が突出しています。 ボディカラーの設定を変更し、「スペーシア」では「フェニックスレッドパール」を廃止。 スペーシアギアにはガンメタリック2トーンルーフの組み合わせで設定。 人気の軽スーパーハイトワゴンでアダプティブクルーズコントロールが搭載されていないのは「スペーシア」以外だとダイハツ「ムーヴ キャンバス」や「ウェイク」程度で、人気の車種には全て搭載されています。 2017年11月 カスタムの販売を終了。

もっと