Iwgp ジュニア タッグ。 歴代チャンピオン IWGPタッグ王座

タイガーマスク (4代目)

この試合は60分2本勝負で行われ、1本目の勝利者チームはNWA世界タッグ王座に認定、2本目の勝利者チームはIWGPタッグ王座に認定というルールで行われた。 最多戴冠者:8回 - ロッキー・ロメロ(第29、31、33、35、41、46、49、51代)• 2010年に『』のCMに単独出演している。 焦る必要はない…と思ってブログを見たら焦ってなかった(苦笑)。 試合後、翌日12日の対戦相手となる内藤を呼び込み攻撃、さらに試合にも介入したBULLET CLUBと結託し、LOS INGOBERNABLES de JAPONを脱退した。 最後にエル・デスペラードが、「楽しかったよ」と挑戦者組をたたえつつ「終わってみたらどうだ? どっちが強くて、カッコよくて、頭がよかったか分かっただろ。 色々やろうとしてうまくハマらないということなのでしょうか? オスプレイ戦のBUSHIといつものヒロムに少しタッグ要素を足すだけで超魅力的になる気がするのですが、タッグチームとしての形にこだわりが強すぎるような・・・ 終わってみれば金丸が試合を動かしていて、デスペラードが獲るという形で最終的には完敗のイメージがチームとして強く印象に残るロスインゴ組というのも過去の戦いと同じだったように思います。 6月26日、G1 CLIMAX27のブロック分けが発表され、内藤がAブロック、EVIL、SANADAがBブロックに分けられた。

もっと

タイガーマスク (4代目)

冒頭清野アナウンサーから現IWGPジュニアタッグ王者の SHO&YOHのベルト返上により、次期シリーズで王座決定リーグ戦が行われるとのこと。 DOUKI選手です。 独自研究が含まれているおそれがあります。 ・9月9日 水 仙台・仙台サンプラザホール大会の全公式戦終了時点で1位チームと2位チームが9月11日 金 東京・後楽園ホールで決定戦を行い勝者チームを第62代IWGPジュニアタッグ王座に認定する。 略歴 [ ] 2015年 [ ]• 第48代王者は、蝶野の左ひじ手術による離脱で長期間防衛戦をしていない等の理由で新日本プロレス社長により同王座史上初の王座剥奪。 ヒロム、BUSHI、お前らの挑戦はもう受けません」と通告。 新日本では10月11日、にて、のにマスクを剥がされたことから抗争を展開するようになる。

もっと

【新日本】デスペ&金丸組がIWGPジュニアタッグ王座奪取「ヒロム、BUSHIの挑戦はもう受けません」

現在無冠の高橋ヒロムとBUSHIとベルトを獲得したことがない為 ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンジュニアヘビーとして、BUSHIとベルトを巻きたい所である。 2010年5月8日閲覧。

もっと

IWGPジュニアタッグ3WAYマッチに見え隠れする危機感とは

2016年6月20日には( )に巨人ファンプレゼンターとして出場した。 から勝利を収めた。 5月31日、ヒロムがBEST OF THE SUPER Jr. 6月20日、に内藤、EVIL、SANADAの出場が発表された。

もっと

IWGPジュニアタッグ王座

内藤は入場時に自身の『パレハ』(で『相棒』の意)としてを帯同させ、試合終盤に不在の状況を作り出してEVILと共に棚橋を襲撃したが、棚橋の救援に駆け付けた、の2人によって返り討ちに遭ってしまい、最後は棚橋から敗戦した。 6月4日、高橋ヒロムがBEST OF THE SUPER Jr. また、EVIL&鷹木&BUSHI組の保持していたNEVER無差別級6人タッグ王座が正式に返上となった。

もっと

IWGPジュニアタッグ3WAYマッチに見え隠れする危機感とは

ロッキーは「じゃあ今日負けたのはお前のせいじゃないか!ロッポンギノミホーダイ!ゴッチャンデス!ウソ!ウソ!バカ!バカカントク!」と激怒して一人先に去っていく。 9月3日(木)より開幕する『NEW JAPAN ROAD』にて、IWGPジュニアタッグ王座決定リーグ戦が決定! 全4チームによる争奪リーグ戦が展開する! 前王者組(第61代)のSHO&YOHが、YOHの負傷欠場中ということもあって、IWGPジュニアタッグ王座を会社に返上。 これを返されるとYOHとともにSTRONG Xを決めて3カウントを奪った。 11月1日、新日本プロレス後楽園ホール大会。

もっと

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

プライベートでは好きで、怪我の治療のため欠場中のに代わり、10月から3月にかけてでコラム『タイガーマスクの激録! 準優勝となった。 場外からダイブしたBUSHIをローブローで迎撃したデスペラード 新日本プロレス1日の後楽園ホール大会でIWGPジュニアタッグ王者のエル・デスペラード、金丸義信(44)組が高橋ヒロム(30)、BUSHI(37)組の挑戦を退けて初防衛に成功した。 Dが勝利し、王座奪還とはならなかった。

もっと

金丸&デスペラード組IWGPジュニアタッグ初防衛

ヒロムがIWGPジュニアヘビー級王座に4WAYマッチで挑むも王座奪取とはならなかった。 今回の4チームの中では唯一の戴冠歴があるだけに、優勝候補と言えるだろう。 26 優勝決定戦にて鷹木がと対戦。 第79代・82代 パートナーEVIL)• (結成 - )• 7月11日には闘龍門JAPAN(のちの)に参戦。 8月31日15時00分、神宮大会の二夜明け会見がオンライン会見にて行われました。 最後はリバースダブルアームバーを極めてギブアップを奪い、初防衛に成功した。

もっと

IWGPジュニアヘビータッグ高橋ヒロム&BUSHI敗戦、金丸義信&エル・デスペラード強し · プロレスリング☆チャンネル

3月19日、NWAジュニア王座2度目の防衛戦の相手として前王者のアンソニーと対戦するも、最後はピンフォール負けを喫して王座から陥落した。 再びMXを狙ったBUSHIに対し、デスペラードは何とローブローで迎撃。 STAGEの成功で、ヘビー級にはない「空中戦」やスピーディな試合展開で新日本プロレスにおけるジュニアヘビー級再評価の機運が高まった。 王座復活後第14代(通算第50代)英連邦ジュニアヘビー級王者となった。 ジュースも「俺たちが2連覇して、タッグのベルトを取り戻す。 4月6日(現地時間)、大会に参戦。

もっと