レバークーゼン 対 ポルト。 バイエル・レバークーゼン

中島翔哉も力及ばず。必然だったポルトのEL敗退、反撃の兆候なきホームで強豪のプライドは失墜【EL】

ちなみに、それまでFCポルトの本拠地だったの代わりとして、また開催のために、現在のホームスタジアムであるが完成した。 :29回• しかし成績不振の責任を問われ2014年4月5日にヒーピアは監督を解任され、レヴァンドフスキが暫定監督となった。 をスポンサーに持ち、資金提供を受けて補強を図ってきた。 (これは、結果論だが) また、ダービッツが退場した。

もっと

みんなのNEWSウォッチ

四半世紀で優勝回数を10回以上も差を詰めたポルトの躍進とともにライバル意識がどんどん高まり、ダービーは白熱度を増した。 ベンフィカは及びシーズンにで優勝しており、長らく同大会で優勝したことのある唯一のクラブだったが、シーズンにポルトが優勝。 2020. 0-0で迎えた14分、ハーフウェイラインで相手ボールをカットしたMFマテウス・ウリベが、すかさず前線のディアスにパスを出す。 一度はオフサイドと判定された2試合連続ゴールは、VARの介入によってオンサイドに修正され、無事に認められた。

もっと

ECナビ

2006-2009• タイトルを獲得してシーズンを終えたいと思っているし、まだ2つのタイトル(リーグ戦とポルトガルカップ)を獲得できる可能性が残っている。 ポルトの日本代表MF中島翔哉は、ベンチ入りも出場機会はなかった。

もっと

「グアルディオラの態度は酷かった」ポルト指揮官コンセイソン、CLで戦ったペップに不快感

選手名 -- -- -- 歴代監督 [ ]• 2015-2018• 歴史 [ ] 創設期 [ ] 1893年9月28日に創設された。 ちなみに、同日スイスのシオンと戦ったポルトガルリーグ4位のブラガは、アウェイで2-1の勝利。

もっと

第一戦はレバークーゼンが先勝!中島翔哉のポルトは逆転なるか

トゥドルをボランチから右サイドバックにかえてからは、少し機能した。 1996-1999• 最終節のオリンピアコス戦を前に自力突破を決めたいポルトは、マラガとヘスス・コロナを2トップに据えた[5-3-2]の布陣を採用。 それでもシティは22分、自陣からのロングカウンターからフェラン・トーレスが決定機を迎えたが、フォーデンのラストパスに抜け出した場面でオフサイドを取られた。 ポルトは首位ベンフィカに勝ち点1差で迫るリーグ戦での優勝と、同じくベンフィカとの対戦が決まっているポルトガルカップ決勝に向けて気持ちを切り替え、再び団結してしっかりと舵を切っていかなければならない。 もうひとつは、ダービッツをはずしたこと。 まずは月曜日のリーグ戦について考えていこうと思う。

もっと