アルテミス 計画 2020。 新政権で米宇宙政策はどうなる? NASA「アルテミス計画」 次期長官の動向にも注目集まる

アルテミス計画総まとめ! 2020年代の月面開発はどこまで進むのか

また、NASAと米海洋大気庁(NOAA)による気候変動を解明するための地球観測ミッションを支援するとも書かれている。 実際のところ、議会のやり方が冷戦時代の宇宙開発競争を思い起こさせるようだという見方もあります。 例えば、11月15日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の野口聡一宇宙飛行士がSpace Xの新型宇宙船「Crew Dragon」(クルードラゴン)の開発までには、2005年のブッシュ政権時代に計画の策定、オバマ政権下で10年にSpace Xなどの有人宇宙船開発企業を選定、トランプ政権で20年に実現という経緯があった。

もっと

着実に進むアルテミス計画。Dyneticsが着陸船のモックアップを公開【週刊宇宙ビジネスニュース 9/14〜9/20】

宙畑メモ 政府が設置している情報機関によって構成される組織のことをインテリジェンス・コミュニティと呼びます。 アメリカNASAのプロジェクトであり、 日本人が初めて月面に降り立てるのではないかと期待を集めています。 機先を制された米国が踏みとどまるわけもなく、そのわずか一カ月後の5月25日にケネディ大統領は特別議会演説にて、1960年代が終わる前に宇宙飛行士を月面に送り彼らを地上に無事に帰還させるのだと宣言。 「電力・推進要素 Power and Propulsion Element:PPE 」の想像図 C NASA そして2024年には、やはり民間のロケットを使い、民間が開発する月着陸船を打ち上げ、ゲートウェイにドッキングする。

もっと

月探査の宇宙飛行士募集へ 「アルテミス計画」で 萩生田文科相

今年8月に成功した同社のTeprel-Bエンジンの燃焼試験の様子 Credit : PLD Space 中国が2回目の海上商業打ち上げに成功 続いては、躍進を遂げる中国のニュースです。 宙畑メモ 「アルテミス計画」とは、NASAが2024年までに再び月面に人類を送る月面開発計画の名称です。 また、貨物や物資をゲートウェイまで輸送する最初のプロバイダーには、SpaceXが選出されています。 同協定の期間は、2019年から2021年までの3年間。 さらに、NASAとパートナー国は 、 任務終了時における宇宙船の安全で、タイムリーで、かつ 効率的な不動態化処理を含む軌道デブリの提言計画に同意する。 ブライデンスタイン長官は地球観測プログラムに対しても当初の予想に反して一定の理解を示し、予算カットはあったもののNOAAへの協力も惜しまなかった。

もっと

国際宇宙協力の「アルテミス協定」、日本など署名 NASA 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

によれば、先日の下院小委員会の法案審議セッションで大幅な修正が行なわれることはなかったといいます。 Appendix:トヨタ自動車 日本においても月面探査に取り組む企業が出てきています。 このうち、ブルー・オリジンは5億7900万ドル、ダイネティクスは2億5300万ドル、スペースXは1億3500万ドルを受け取る。 指名当時は共和党の元議員だったブライデンスタイン氏に対して、政権の意向を受けてNASAから地球観測プログラムを縮小しに来たとの見方があり、党派性が強すぎるとの懸念の声は強かった。 これらは、NASAからの2億5300万ドルのHLS契約の初期のマイルストーンの一つでした。 文部科学省によりますと、日本人宇宙飛行士は現在7人いますが、平均年齢が51歳となっていて「アルテミス計画」で日本人宇宙飛行士が月面に降り立つことが想定される2020年代後半には、半数近くの飛行士が定年を迎えるということです。 今回のように政府がベンチャー企業の衛星画像を利用することで、衛星画像の利用促進が進むほか、ベンチャー企業の成長にもつながるのではないでしょうか。

もっと

アルテミス計画総まとめ! 2020年代の月面開発はどこまで進むのか

さらに2020年4月にNASAは、ペイロードの輸送をMasten Space Systemsに委託しました。

もっと

日本人初の月探査、20年代後半にも…NASA運用の周回基地に滞在 : 科学・IT : ニュース : 読売新聞オンライン

つまり、地球低軌道への宇宙輸送民間化は計画から実現まで15年の年月がかかっている。 その間に中国の宇宙開発は目まぐるしい発展を遂げました。

もっと