小豆島 観光 協会。 「人も車も小豆島復路フェリー無料キャンペーン」延長について|一般社団法人小豆島観光協会のプレスリリース

「人も車も小豆島復路フェリー無料キャンペーン」延長について|一般社団法人小豆島観光協会のプレスリリース

もしかすると使うたびに小豆島での思い出が蘇るかもしれませんね。 キッチンで使える製品が多く、料理をするのも楽しくなるような美しい木目が特徴的です。

もっと

小豆島でスローな島旅を堪能|モデルコース|香川県観光協会公式サイト

小豆島で工場見学できるのはここ 小豆島の名産と言えばオリーブや醤油、そうめんなどが有名ですが、せっかく小豆島に観光に来たならぜひ体験して欲しいのが、それら名産品の工場見学です。 二つ目は、エンジェルロードです。 (一番は兵庫県の淡路島、他にも直島などもあります) 瀬戸内海の温厚な気候は大変過ごしやすく、小豆島へアクセスできるフェリーも充実しており、島観光に最適な環境が整っています。 旅行の時にとても気になるのがアクセスの便かもしれません。

もっと

「人も車も小豆島復路フェリー無料キャンペーン」延長について|一般社団法人小豆島観光協会のプレスリリース

フェリー乗り場周辺や宿泊ホテルから近い、行きたい観光地があるなど、あなたの旅の目的に応じて気になるキーワードをクリックしてください。 実際にお店で食べて来ました。

もっと

小豆島|小豆島|小豆島|香川県観光協会公式サイト

まずはオリーブオイル。 掲載されている観光プランを通して、わくわく小豆島で魅力を存分にお届けします。 加工されて多様な商品になりお土産としても人気なのですが、どのようなものがあるのか詳しく知らない人もいると思います。 これを同町の新しい旅の形として提示することを検討していくという。 「グルメ」「ビーチ」「観光」「スポーツ」「ショッピング」と、5つの項目に分類しておりますので、男性でも女性でも、あなたの観光の目的に応じて検索することができます。 春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の雪景色と、四季折々の表情を楽しめます。

もっと

ニューノーマル時代の新しい旅へ 小豆島とのしょう観光協会、来年開催のフライベント前に実証事業/香川

三つ目は、オリーブ大樹です。 。 リピーターの多い老舗の佃屋さん 看板に惹かれて立ち寄り、試食を満喫。 グルメは味の臨場感で報告! 小豆島には、いろんなグルメ店が点在しています。 ただ見たり読んだりするだけでは伝わらない観光情報を、現地取材したライターがその目で見て、肌で感じて、香りをかいで、舌で味わって、耳で聞いた小豆島の魅力をご紹介していきます。

もっと

新着情報

公園内には「オリーブ園」、「ハーブ園」をはじめとして、地中海ムード満点の「オリーブ記念館」、エーゲ海を思わせる「ギリシャ風車」、天然温泉の「サン・オリーブ温泉」、宿泊施設の「オリベックスうちのみ」等があります。 勿論、そうめんを食べることも可能、製品の販売も行っており、生そうめんやオリーブそうめんという個性的な製品の購入も可能です。 リップのように、オリーブオイルが化粧品として加工されることは少なくありません。 小豆島に移植された樹齢1000年を超えるオリーブの大樹は、小豆島のシンボルです。 また、小豆島は1987年に公開された日本映画の歴史に残る名作「二十四の瞳」の舞台になった場所としても全国的によく知られています。 青く穏やかな海と、真っ白な砂浜。 保湿力が高くしっかりとケアしてくれるため、化粧をしてないときや薄化粧のときにはとても頼りになる存在だと思います。

もっと

道の駅「小豆島オリーブ公園」|スポット・体験|香川県観光協会公式サイト

jp ホームページURL TEL : 0879-62-9971 受付時間 : 8:30~17:00 本件に関するお問い合わせ : 小豆島観光戦略会議事務局 事務局長:中村彰紀(小豆島交通株式会社) 電話:0879-62-1203 携帯090-5147-2291• 200万年の歳月が創りだした日本屈指の渓谷美を望むことができます。

もっと

新着情報

ゆったりと予定を立てずに、流れるままに旅先で観光をするのが好きな人、自分が決めた観光コースを楽しむのが好きな人、他の人と同じような観光をしたい人などなど。 お土産に持って帰れば間違いなしです。

もっと

豊島観光ナビ

当初、新型コロナウイルスの影響で対象エリアを四国とし、その後、中国・四国地区と広げました。 女性や子連れ・家族連れのお悩み解決!小豆島の施設情報調べました 普通の観光スポットの情報だけでは、そこに行きたいと思ってもどんなところかいまいち把握できなければ、実際に足を運びにくく感じることはありませんか。 旅先の観光を楽しむ一番のポイントは、今から行こうとする場所について知ることです。 それだけでなく、どこで小豆島特有のおいしい料理を食べられるのかという情報も発信しています。

もっと