シー フィーバー 深海 の 怪物。 映画【シーフィーバー 深海の怪物】PG12 フル動画無料!community.lifetouch.com 無料の動画配信サイトを確認!

インターフィルム Interfilm Online | シー・フィーバー 深海の怪物

とにかく、こういう実在感のあるキャラのおかげで、彼らの身に起こる悲劇に胸が痛くなってきます。 船底では、木の腐食が始まっており、崩れた木の奥からは見た事もない生物のようなものが!このままでは浸水するかもしれない。 しかし、このモンスター、ちゃんと登場します。 ジャンルがイマイチ分かんないお話。

もっと

シーフィーバー 深海の怪物トンネル あらすじ

気になるとすれば、ただひとつ。

もっと

「シー・フィーバー 深海の怪物」 感想 目玉爆裂寄生虫

船長は潜水の得意なシボーンに船底を調査するよう指示、彼女が見たものは巨大な生物の触手が船底を覆っている姿だった。 タイトルに「~深海の怪物」とあるが、深海要素はあんまりない。 巨大なイカと判断した船員たちはその生物をウィンチで引き剥がそうと船上に集合するが、船内にはもうひとつの危機が迫っていた。 この作品から十年後に公開される『』は深海系映画とを組み合わせた作品になっていて、今作品の影響も受けているように思えます。

もっと

ニーサ・ハーディマン『シー・フィーバー 深海の怪物』発狂現象/神話→感染症/学術へ|Knights of Odessa|note

1985年のアメリカ合衆国のコメディ・ホラー映画。 登場人物の死に方に多種多様な演出があるのも3作の中でも際立っています。 裏を返せば、危機的状況に際しても自分に火の粉が降りかからなければ人間とは斯くも自分勝手なのかと思い知らされる。 黒木瞳の映画主演デビュー作で、全裸も披露、また阿木燿子も大胆なベッドシーンを演じた。

もっと

ニーサ・ハーディマン『シー・フィーバー 深海の怪物』発狂現象/神話→感染症/学術へ|Knights of Odessa|note

その幼体が船内に入り込み、船員たちの体に寄生していく、というパニックホラー映画。 あえてそれを嫌ったのなら、もっと新味を感じさせなければ納得できない。 実在感のあるキャラ達 シボーンが乗り込む船の乗組員のキャラ達、とても魅力的なんですよ。

もっと

シー・フィーバー 深海の怪物 : 作品情報

謎の怪物によって襲われる深海基地に従事する研究員たちの恐怖を描いたSFホ. そしてミサイル基地予定地に仕掛けられた爆雷によって発見された、深海底に深く口を開ける洞窟探査を開始したジョイス・コリンズ博士()らスタッフは、その直後何者かに激しい攻撃をうけ、死者を含む被害をうける。 怪物の繁殖能力・感染力も凄いけど、この映画の 「感染を防ぐのは難しい」の大部分は、 「漁師は仕事柄生傷が絶えない」の一言で片付けおり、その強引さには笑ってしまう。 偶然にも眼球に寄生虫が入り込む気色悪い映画を2つも続けて観てしまいました。

もっと

深海SFホラー映画『ザ・デプス』

船長は潜水の得意なシボーンに船底を調査するよう指示、 人付き合いが苦手な、海洋生物学の学生であるシボーン。 船の下にいた謎の生物の触手はいつの間にか船底を食い破っていました。 (たいして危機的状況じゃないのに『勝手にパニックに陥って死ぬ』みたいな展開だと、観ててイライラしてしまうので…) ただ 演出やら雰囲気やらは良く出来ているのですが、 ホラーとして面白いかと言われると、やや微妙なところなのが困りもの。 生物を巨大なの一種だと判断した彼らは、ウインチを使って生物を引きはがそうとするが失敗。

もっと

「シー・フィーバー 深海の怪物」 感想 目玉爆裂寄生虫

「こいつはこういうキャラ」と、キャラを無駄に誇張せず、それでいて会話内容から自然とどんなキャラか伝わってくる。 故に地味に自分たちを守る展開になる為、更に地味に 笑 主役のシボーンとオミッドは色々手を講じて頑張っているのだが、ボロ船の装備では如何ともし難く、且つ派手に襲って来ないので恐怖感は低い。 1989年公開の日本映画。

もっと

インターフィルム Interfilm Online | シー・フィーバー 深海の怪物

なんで2人目以降は目玉爆裂させなかったんだろうか? もっとボンボン破裂してくれれば面白かったのに。 異常がないか船内を調べていると、船体の木材部分から内側に何かの液体が染み出してきているを発見。 怪物と遭遇して被害に遭う展開等は某有名宇宙異星人映画を思い出す。

もっと