20 歳 の とき に 知っ て おき たかっ た こと。 未来へ羽ばたくための言葉と出会う!30万部のベストセラー「20歳のときに知っておきたかったこと」新版が発売

楽天ブックス: 20歳のときに知っておきたかったこと

生きていくうちに、こうしたルールが染み付いている。 こうした見方ができれば、失敗しても立ち上がり、何度も挑戦できます。

もっと

第28回 「20歳のときに知っておきたかったこと」を読んで

100%の力を出す覚悟がないなら、目標が達成できなかったとき、攻めるべきは自分しかいないのだ。 3DCGアニメーション学科の教員の源田です。 何をやるにしろ、その道で卓越していることを目指す。

もっと

謎解きクリエイター・松丸亮吾さん推薦! スタンフォードの学生たちを虜にした奇跡の講義が、大幅増補! 『新版 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義』発売!|株式会社CCCメディアハウスのプレスリリース

賢明なことよりも正しいことを選び、後日、胸を張って話せるようにする。 新しいことを考えようとしているのに、「できるわけがない」という従来の考え方をしてしまっていては、新しいアイデアは生まれなくなってしまいます。 ・ニーズを掘り起こすのに必要なのは、世の中のギャップを見つけ、それを埋めることである。 相手の発言をじっくり聞いて、動機を見極めることが交渉を成功させるために一番大切な準備。 シーリグ氏の息子が16歳の誕生日を迎えた時、大学進学まであと2年しかないと気付き、彼女自身が社会に出た時に知っていればよかったと思うことを息子に伝えようと思ったのがキッカケです。 ・仕事を探すときにも、出資者を探すときにも、デートの相手を探すときにも当てはまるのだ。 仕事か遊びかは周りが決めてくれる。

もっと

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

そして最後に、採用すると言ってもらえたのだ。 及第点ではなく、期待される以上の最高を目指せ。 ・子育てをしていると、交渉力を磨く機会が限りなくある。

もっと

第28回 「20歳のときに知っておきたかったこと」を読んで

しかし、全く失敗をしないということは、何もチャレンジしてこなかったということと同じだと思っています。 プロダクトマネジャーとして多くの新規商品、ブランドの立ち上げやグローバルプロジェクトにも参画。 ポイントは、あまり他人の意見に踊らされるのではなく、自分なりの「 異質な方法」をとればいいということかな? 最悪なのは、悩んでしまい、動けなくなることです。

もっと

常識とルールを上手に捨てる方法―― 『20歳のときに知っておきたかったこと』:晴読雨読@エンジニアライフ:エンジニアライフ

すべては努力次第だ。 でも、予想もしなかった角を曲がり、なにか違うことをしようとしたとき、そして、周りがお膳立てしてくれたルールに疑問を持とうとしたとき、面白いことが起こる。 もし失敗していないとすれば、それは十分にリスクを取らず、十分に挑戦していないからである。 幅広い分野の企業幹部を対象に、頻繁に講演とワークショップを行なっている 高遠裕子(タカトオユウコ) 翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 00 投稿日:2010年08月01日 企業リーダーシップ・プログラムの学生向けの講演がベースとなった本ですし、タイトルには20歳のときに・・・とありますが、30歳でも40歳でも50歳でも役に立つ本だと思います。

もっと

20歳のときに知っておきたかった7つのこと【スタンフォード大学集中講義】

しかし、 自分の人生はだれが責任を取るのでしょう? それは、結局自分でしか責任を取れないのです。 スタンフォード大学で本気で授業も受けたい。 人生にリハーサルはない。 だから、評判はしっかり守って下さい。

もっと

未来へ羽ばたくための言葉と出会う!30万部のベストセラー「20歳のときに知っておきたかったこと」新版が発売

そんなスポットを見つけられたら、仕事がただ生活の糧を得る手段で、仕事が終わった後趣味を楽しめるのではなく、仕事によって生活が豊かになる素晴らしいポジションを見つけることになる。 機が熟すことなどない(第4章)• ・やめることの最大の利点は、まっさらな状態からやり直せることだ。 「早く、何度も失敗せよ」 失敗は行動した証です。 全米の起業家育成コースのなかでも高い評価を得ている。

もっと

第28回 「20歳のときに知っておきたかったこと」を読んで

当然ながら、いつでも交渉を成立させたほうがいいわけではない。 ・「ちょっと言っておきたいんだけど、あなたにこの組織は合わないと思うわ。 独立後はイノヴェティカ・コンサルティング代表として、大手上場企業やベンチャー企業向けにイノベーションのコンサルティングを行い、現在、カンボジアを拠点に新規事業スタートアップ支援も行っている。

もっと