海洋 汚染 防止 法。 「海洋汚染等防止法」詳細解説

海洋汚染防止法とは

改正:• 国土交通省所轄。 ) 12 アシッドオイル(大豆油、とうもろこし油及びひまわり油の精製の際に生ずるものの混合物に限る。 廃油処理事業の許可• 十五人以上の人を収容することができる海洋施設の管理者は,海洋施設発生廃棄物の取扱いに関する作業を行う者が遵守すべき事項その他海洋施設発生廃棄物の不適正な排出の防止に関する事項について, 海洋施設発生廃棄物汚染防止規程を定め,これを海洋施設内に備え置き,又は掲示しておかなければならない。

もっと

海洋汚染の種類は?原因ごとに見てみよう

他のタンカーとの間におけるばら積みの貨物油の積替えを行う百五十トン以上のタンカーの船舶所有者は,船舶間貨物油積替えに関する作業を行う者が,船舶間貨物油積替えに起因する油の排出を防止するために遵守すべき事項について, 船舶間貨物油積替作業手引書を作成し,これを当該タンカー内に備え置き,又は掲示しておかなければならない。 登録を受けた船舶の船長又は引かれ船等の船舶所有者は,廃棄物処理記録簿を船舶内(引かれ船等にあつては,当該船舶を管理する船舶所有者の事務所)に備え付けなければならない。

もっと

海洋:海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法令(条文)

)酢酸グリシジル 265 トリエチルアミン 266 1,3,5-トリオキサン 267 1,1,1-トリクロロエタン 268 1,1,2-トリクロロエタン 269 トリクロロエチレン 270 1,1,2-トリクロロ-1,2,2-トリフルオロエタン 271 1,2,3-トリクロロプロパン 272 トリデカン 273 トリデカン酸 274 トリメチル酢酸 275 オルトトルイジン 276 トルエン 277 トルエンジアミン 278 トルエンジイソシアナート 279 ドデカン 280 ドデシルアルコール 281 ドデシルキシレン 282 菜種油 283 菜種油脂肪酸メチルエステル 284 ナトリウムメトキシド(濃度が21重量パーセント以上30重量パーセント以下のメチルアルコール溶液に限る。 複数の版を収録しているウェブサイトもあります。 ) 186 脂肪族アルコールポリエトキシラート(アルコールの炭素数が12から16までのものであつて、重合度が7から19までのもの(セコンダリアルコールであつて重合度が7から12までのものを除く。 そして、プラスチックの袋の使用の全面禁止を2019年10月から行っています。 法第19条の7関係• 附則 資格 [ ]• 1.改正政令の概要 船舶によりばら積み(梱包されない状態で直接船艙に積載すること。 インドネシア インドネシアでは海藻でできた食べられる包装紙を開発し、インドでも食べられるビニール袋や弁当箱ができました。 郵送料は164円~からになります。

もっと

有害液体物質 Y類物質リスト|海洋汚染防止法

下記表に掲げる者は,当該船舶若しくは施設又は当該係留施設を利用する船舶から特定油が排出された場合において,排出された特定油の広がり及び引き続く特定油の排出の防止並びに排出された特定油の除去のための措置を講ずることができるよう,当該船舶若しくは施設内又は一定の場所にオイルフェンス,薬剤その他の資材を備え付けておかなければならない。 ) 165 1,2-酸化ブチレン 166 酸化プロピレン 167 シアバター 168 四塩化炭素 169 シクロアルカン(炭素数が10以上のもの及びその混合物に限る。 ) 196 次亜塩素酸ナトリウム溶液(濃度が15重量パーセント以下のものに限る。 (報告の徴収等) 第四十八条 運輸大臣は、この法律の施行に必要な限度において、運輸省令で定めるところにより、廃油処理事業者又は自家用廃油処理施設の設置者に対し、その事業又はその廃油処理施設による廃油の処理に関し報告をさせることができる。 2 前項の規定により負担させる費用の徴収については、行政代執行法(昭和二十三年法律第四十三号)第五条及び第六条の規定を準用する。 ) 346 フルフラール 347 フルフリルアルコール 348 ブチルアミン 349 ブチルアルデヒド 350 ガンマブチロラクトン 351 分解ガソリン(ベンゼンを含むものに限る。

もっと

海洋汚染防止法とは?目的や内容をわかりやすく解説

第二条第十三項中「船舶の油による海水の汚濁の防止に関する法律(昭和四十二年法律第百二十七号)第二条第四項」を「海洋汚染防止法(昭和四十五年法律第百三十六号)第五条」に改める。 検査対象船舶の船舶所有者は,当該検査対象船舶を初めて航行の用に供しようとするときは,それぞれ表の下欄に掲げる設備等について,国土交通大臣の行う 定期検査を受けなければならない。 大きく1 大洋(太平洋、大西洋、インド洋)と、2 付属海に分けられ、付属海はさらに地中海、縁海、湾、海峡などに分けられる。 )は、廃止する。 海洋施設を設置しようとする者は, 海上保安庁長官に届け出なければならない。 ) 150 酢酸2-エトキシエチル 151 酢酸シクロヘキシル 152 酢酸トリデシル 153 酢酸ノルマルオクチル 154 酢酸ノルマルプロピル 155 酢酸ビニル 156 酢酸ブチル 157 酢酸ヘキシル 158 酢酸ヘプチル 159 酢酸ベンジル 160 酢酸ペンチル 161 酢酸3-メトキシブチル 162 サフラワー油 163 サリチル酸メチル 164 酸化エチレン及び酸化プロピレンの混合物(酸化エチレンの濃度が30重量パーセント以下のものに限る。

もっと

海洋:海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法令(条文)

(経過措置) 第三条 旧海水油濁防止法第五条から第九条まで及び第十条第一項の規定は、第四条、第五条及び第八条の規定の施行の日の前日までは、なおその効力を有する。

もっと

「海洋汚染等防止法」詳細解説

正式名称は「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律」(昭和45年法律第136号)で、海洋汚染防止の基本の法律となっている。 お手数おかけしますが、お力添えいただけますようお願いいたします。 法第43条の2関係• 十 海洋汚染防止法(昭和四十五年法律第百三十五号)に基づき海上保安庁の権限に 属させられた事項 (港湾法の一部改正) 第十一条 港湾法の一部を次のように改正する。 海洋ごみの中でも特に深刻なのはプラスチックが海に漂い汚染する海洋プラスチックごみです。 ) 53 アルキルベンゼン(アルキル基の炭素数が3又は4のもの及びその混合物並びにアルキル基の炭素数が9以上のもの(ドデシルベンゼンを除く。 改正: 【題名改正:標題に同じ】• 日本国領海等において船舶間貨物油積替えを行うタンカーの船長は,あらかじめ,当該タンカーの名称など一定の事項を 海上保安庁長官に通報しなければならない。 6 第三項及び第四項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解してはならない。

もっと

海洋汚染を防ぐために行われている取り組みとは

)は,海洋施設でないものとする。 4 前三項に定めるもののほか、廃棄物処理記録簿の様式その他廃棄物処理記録簿に関し必要な事項は、運輸省令で定める。 法第6条関係• ) 143 グルタルアルデヒド溶液(濃度が50重量パーセント以下のものに限る。 この海水油濁防止法の規制対象・範囲を拡大し、同法を廃して昭和45年に成立したのが「海洋汚染防止法」であり、昭和48年に排出油の防除措置の実効性確保を行い、昭和51年に東京湾で発生した第拾雄洋丸の衝突・炎上事故を契機として海上災害の防止に関する規定が整備され、題名も「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」に改められました。 ) 64 イソアルカン(炭素数が10以上のもの及びその混合物に限る。 海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律(総務省法令データ提供システム):• 廃油処理施設の軽微な変更の届出• e-Gov法令検索 この項目は、分野に関連した です。

もっと