語り 得 ぬ もの について は 沈黙 し なけれ ば ならない。 語り得ぬものについては沈黙しなければならない|RAYSA|note

高3です。ウィトゲンシュタインの「語りえぬものについては、沈黙せね

ごたごたいったり、古いからとか有名だからでは価値は問題ではありません。

もっと

語り得ぬものについては沈黙しなければならない|RAYSA|note

つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、 学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。 つまり、論理学の適用可能な範囲は、科学の世界の範囲であると、ウィトゲンシュタインは考えるのです。 現在、おそらく「ラディカルな」という形容詞をつけた場合に、 程度の問題として変化の度合いが大きいことを指し示している だけで、本当に根本的な意味での変革を指していることは稀で しょう。 しかし、「このつらい気持ちをわかって欲しい」という<意味>を伝えようとすると、私たちは10人の人に、その意味を語ってもらえば、何がなんだかわからなくなって. 親や周囲に反抗しないように生きてきて、結果として「自分でこう生きる!」っていう考えも今に至るまで何もせず、本当に低空飛行な生き方をしてきました。 ただ、それが、チュンチュンとキーキーで<意味>が違っているな、と想像するだけのことです。

もっと

ウィトゲンシュタインの名言から紐解く哲学。語ることと沈黙すること。

地上の自然の事物や出来事や、人間の世俗社会などは、形而下的世界だと考えられ、そこに属するものは、形而下的です。 大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。 世界には神様や、そういうものを人生に当てる人々も居ますし、居て然るべきだと思います。 これを「発話」といいます。 かれは、哲学の試みは、究極的には、その外部にあるものではなくて世界を反映しようとする論理的実践のために、放棄されなければならないという。

もっと

ウィトゲンシュタイン「語りえぬ」翻訳比較

これらを象徴する例として、私は「鳥の鳴き声」をあげたい、と思います。

もっと

「語りえぬもの」とは

a は述語であり、 O' a は a に対する操作である等々。 ところが、自分の理解の枠組みの全体を作りかえるのではなく、それを温存したまま、その枠組みの中で、新しい知識の一部を処理しようとすることを、多くの場合、わたしたちはやってしまいがちになります。 自由勝手気ままに、意味もなく、聞かれることも予想せず、ただ鳴いているのです。

もっと