ガンオン 緊急 回避。 『ガンダムオンライン』バトルシステム変更を含む大型バランス調整“統合整備計画”が実施。さまざまなキャンペーンも開催!

『ガンオン』に『ガンダムSEED』と『ガンダム00』が参戦決定! アップデート“BEYOND”が発表された“ガンダムオンライン宣伝部Mk

2017年3月。 色々と不安なところはあるものの、折角7年続いたゲームなのでどうせなら 「色々酷いところも多かったけどまあ最後は良いゲームだった」位の感情で終われるようなアップデートをしてもらいたい。 新規の方は過去記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてほしい(本稿の最後に連載記事へのリンクあり)。

もっと

【ガンダムオンライン】2019年最後の大型アップデートが配信!仕様変更後の感想など

この仕様変更の恩恵は全ての機体が受けていますが、中でも一番特をしたと思えるのがネズミ機体で、敵の拠点に辿り着くまでの間にオバヒしてしまったり、ブースト容量が足りなかったりして失敗してしまう様な事がほぼ無くなりました。

もっと

「機動戦士ガンダムオンライン」,ロックオン機能などのゲームバランス調整を含むアップデート「SOLDIERS」が実施

ロックオンの機能追加とパラメータ追加 この変更によって、ガンオンでは自機と敵との距離が離れている際には武器の命中精度を下げ、逆に敵と接近すれば命中精度が急激に上昇するという、それまで武器に依存していたロックオン値のステータスが、対象との距離によって大きく変わる仕様になりました。 この記事がそのキッカケとなれば幸いだ。 『ガンオン』を今から始める人、最近『ガンオン』から離れていて久しぶりに復帰する人、今回はそういったこれから『ガンオン』を始めようとする人へのだ。 25万GPでシルバー設計図を購入できる。 印象としてはデルタガンダムやリバウなどが使える高速移動の下位互換という感じで、これによってどんな機体であってもブーストを消費して敵の攻撃を回避することが可能になりました。 ・機体デッキに異なる機体コストの機体が登録されていると、 1機体あたりMUコストに「+10」のボーナスを得ます。

もっと

新規&復帰勢が知らないと損する! 今から始める『ガンダムオンライン』 ver.2020【初中級者向けガンオン講座】

大規模戦は最大51人からなるチームで相手チームと戦闘を行い、機体を撃破する、もしくは敵本拠点に攻撃を行うかで互いの戦力ゲージを削り合うモードだ。

もっと

『ガンダムオンライン』バトルシステム変更を含む大型バランス調整“統合整備計画”が実施。さまざまなキャンペーンも開催!

X2とともに380コストの格闘機でありながら全盛期には非常に多く見かけた 翌月のコラボ第2弾は無難に優秀な機体であった。

もっと

機体バランス調整 [2019年12月]

正直3年までの命だと思っていた筆者だったが、ここから更に4年も続くとは予想していなかった。 しかし排出確率がどの程度なのかプレイヤーからは分からなかった。 本作の有名プレイヤー・ろい氏がPRチームに着任。 ブースト関連は移動できなくてストレスを感じる事も多かったので、この仕様変更は素直に嬉しいです。

もっと

機体バランス調整 [2019年12月]

従来のブーストダッシュとは違い、ブーストゲージを使った新しいアクションとなっている。 プレイヤーは強襲、重撃、支援、砲撃、狙撃という5つのカテゴリーに分類される機体から、最大4機のモビルスーツをコストに収まるようにデッキに組み入れて戦う。 また、以前まではロックオン値が低くて中々クリーンヒットさせることが出来なかった威力重視のF型シリーズも、この仕様変更によって至近距離であればガシガシ当たるようになったので、N型ではなくF型の武器を装備するプレイヤーも増えているようです。 硬直が少ないことから、戦闘中の位置取りや武器の硬直を消すのに最適であり、武器によっては通常回避から派生した攻撃を持つ物も存在します。 避ける側は被弾しやすくなるが、緊急回避でかいくぐって突進するなど、主人公機のような動きもできる? これらの機能を個人技で最大限に活かすことで、一対多の状況を打破できるかもしれないとのこと。

もっと

【MHWアイスボーン】緊急回避(ダイブ)の方法と使い道【モンハンワールド】

これに伴ってユニコーンガンダムとシナンジュが初の400コスト機として実装される。 新システムになって多くのプレイヤーが試行錯誤している、現役プレイヤーとの情報格差が少ない今こそ始めるチャンスだ。 照射型ビーム マシンガンやビームライフルは赤ロックオン距離が長めなので、赤ロックオン距離で攻撃しやすい。

もっと

『ガンダムオンライン』がアナザーに突入したのでこれまでを振り返る|YOKAN|note

高コスト機体を最初に使い、その長い再出撃時間のつなぎとして低コスト機体を1~2機体採用するのがオススメだ。 またリペアトーチによる回復行為でもポイントが貰えるので積極的に味方を回復しよう。 2019年12月16日現在、上記の2機体に加えて、『機動戦士ガンダムSEED』の カラミティガンダムと、『機動戦士ガンダム00』の ガンダムスローネアインが紹介されている。 至近距離に入るとロックオンの照準の色が黄色から赤色に変化するのですが、その状態では常に敵を照準の中央に捉え続ける為、誰でも相手の懐に入りさえすれば簡単に攻撃を当てることが出来るようになりました。

もっと