アシクロビル。 医療関係者のご確認/日本化薬医療関係者向け情報サイト メディカルinfoナビ

ゾビラックス(アシクロビル)の作用機序:抗ヘルペスウイルス薬

長期間アシクロビルを投与していると、ヘルペスウイルスが耐性を獲得してしまう可能性があります。 だるさ・食欲不振・吐き気・発熱・発疹・かゆみ• 但し、1回最高用量は200mgとする。 もし、これらの薬を既に服用している場合は、診察の際にあらかじめ医師に相談しましょう。 相互作用 併用注意:• なお、年齢、症状により適宜増減する。 造血幹細胞移植における単純ヘルペスウイルス感染症(単純疱疹)の発症抑制: 通常、小児には体重1kg当たり1回アシクロビルとして20mgを1日4回造血幹細胞移植施行7日前より施行後35日まで経口投与する。 3.帯状疱疹の治療においては本剤を7日間使用し、改善の兆しが見られないか、あるいは悪化する場合には、他の治療に切り替える。

もっと

アシクロビルの効果と副作用【ヘルペスウイルス治療薬】

精神神経症状• 【小児】 単純疱疹: 通常、小児には体重1kg当たり1回アシクロビルとして20mg 本剤0. 副作用は少ないですが、まれに重篤な精神神経症状が出ることがあります。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。 となっています。 悪性腫瘍、自己免疫疾患などの免疫機能低下した患者には、アシクロビル注射剤の点滴静脈内投与等を考慮する。 意識障害(昏睡)、、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、発作、麻痺、脳症等• 点滴静注によってのみ投与すること。 9).急性膵炎。 添付文書には、次のように記載されています。

もっと

ゾビラックス(アシクロビル)の作用機序:抗ヘルペスウイルス薬

DNAを合成するためには酵素が必要であり、この酵素を DNAポリメラーゼと呼びます。 性器ヘルペスの再発抑制: 通常、小児には体重1kg当たり1回アシクロビルとして20mgを1日4回経口投与する。 使用上の注意 禁忌 本剤の成分あるいはバラシクロビル塩酸塩に対し過敏症の既往歴のある患者。 ウイルスが増殖しきっていない発症初期に投与する事で高い効果が得られるお薬になります。 ただし、1回最高用量は200mg 本剤0. 4).精神神経症状:意識障害(昏睡)、譫妄、妄想、幻覚、錯乱、痙攣、てんかん発作、麻痺、脳症等。 チミジンキナーゼはDNA合成に関与する酵素で、ウイルスが産生したチミジンキナーゼはウイルスのDNAをどんどん合成するため、ウイルスがどんどん増殖してしまいます。

もっと

医療用医薬品 : アシクロビル (アシクロビル点滴静注用250mg「サワイ」)

なお、脳炎・髄膜炎においては、必要に応じて投与期間の延長もしくは増量ができる。 ヘルペスウイルスの中でも、アシクロビル(商品名:ゾビラックス)は 単純ヘルペスウイルス1型(HSV-1)、同2型(HSV-2)、水痘・帯状疱疹ウイルスに対して有効性を示します。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 取扱い上の注意 安定性試験:バイアルに充填したものを用いた長期保存試験 室温、3年間 の結果、通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。 25mL(アシクロビルとして20mg)を1日4回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。

もっと

アシクロビル|効果・副作用・使い方|医薬品情報のメデマート

ただし、1回最高用量は200mgとする。 全身どこにでも発症し、特に50代~70代の方に発症する事が多いですが何歳の人にでも発症するといわれています。 用法・用量 (主なもの)• 6).呼吸抑制、無呼吸。 3.アシクロビルにはどのような効果・作用があるのか アシクロビルは抗ウイルス薬であり、ウイルスの中でも一部のヘルペスウイルス感染に効果のあるお薬です。 ただし、1回最高用量は200mgとする。 2.その他の副作用:次のような症状が現れることがあるので、異常が認められた場合には、減量又は投与を中止するなど適切な処置を行う。 子供のときに罹る「水ぼうそうなど」が分かりやすいかもしれません。

もっと

医療関係者のご確認/日本化薬医療関係者向け情報サイト メディカルinfoナビ

8).筋骨格:(頻度不明)関節痛、筋肉痛。 6).精神神経系:(頻度不明)傾眠、眠気、振戦、眩暈、感情鈍麻、意識障害、見当識障害、情動失禁、うつ状態、躁状態、集中力障害、徘徊、離人症、興奮、健忘、多弁、不眠、不安、言語障害、独語、異常感覚、運動失調、歩行異常、不随意運動、攣縮、しびれ感、眼振等。 このような特徴により、ヘルペスウイルスが原因で起こる水ぶくれを治療するために用いられる薬がアシクロビル(商品名:ゾビラックス)です。 5).消化器:(頻度不明)下痢、軟便、嘔気、嘔吐、腹痛、胃痛、心窩部痛、胃不快感、消化不良、食欲不振、胃炎、舌炎、口渇、便秘、鼓腸放屁。 カテゴリー• 3).帯状疱疹:1回アシクロビルとして800mgを1日5回経口投与する。

もっと

アシクロビル錠200mg「サワイ」(ゾビラックス錠200のジェネリック医薬品)|沢井製薬

このDNA複製に必要な「DNAポリメラーゼ」の働きを阻害するのがアシクロビルやバラシクロビルなどの抗ヘルペスウイルス薬です。 ただし、1回最高用量は800mgとする。

もっと