川辺 川 ダム 反対。 川辺川ダム建設、国に要請へ 防災で反対から容認、方針転換―蒲島熊本知事:時事ドットコム

川辺川ダム「反対」ゼロ、球磨川流域12市町村長アンケート|【西日本新聞ニュース】

それは、皆さんがついておられるからです。 しかし、いろいろな方々からお話を伺ううちに、人吉・球磨地域に生きる人々にとっては、球磨川そのものが、かけがえのない財産であり、守るべき「宝」なのではないかと思うに至ったのです。 知事は「川辺川ダム計画に反対し、ダムによらない治水をすると言ってきたが、ダムを作っておくべきだったという思いは?」という問いに、 「私が2008年にダムを白紙撤回し民主党政権によって正式に決まった。 物事を止めたり壊したりするのは、ある意味簡単なのですが、新たにモノをつくるために、流域市町村を説得し、意見をまとめ上げるのは非常に難しいことです。

もっと

熊本県 蒲島知事 治水対策転換 新たなダム建設を国に求める

一方、「流水型」のダムをめぐっては専門家の間でも評価が分かれています。 人吉市の旅館組合などは「なりわいの衰退を招く」としてダム建設に反対の姿勢を取ってきました。 どうやら最近、その活動家は放射能や気候変動に対して偏向な活動をされているとは聞いている。 これを受け、国は、県が計画を白紙撤回した川辺川ダムが建設されていた場合の治水効果をシミュレーションし、その結果を県や流域市町村とつくる検証委員会の場で示しました。 12月には村で行われたダム反対集会に後援するなど「反ダム」を明確にし、2008年3月には村長を辞職して熊本県知事選挙に無所属で立候補 、ダム反対を訴えた。 相良村は約1500世帯ですから、1軒当たり、年間に約11万円の負担です。 これに対し、ダム建設反対の立場を取った市民グループ「子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会」代表の中島康は「今回の豪雨は想像を超える水量で、(川辺川)ダムが造られていても意味は無かったと思う」とダム建設議論再燃を牽制するようなコメントを残している。

もっと

球磨川治水「ダム不要」 熊本県の意見聴取会、反対4団体が主張

また、ダム自体は相良村に建設されることから、ダム完成後の莫大なは相良村に払われ、五木村には払われない。 また太陽光発電にはコスト・発電効率の面でまだ難があり、風力発電にしても常時かなり強い風が吹いていなければ電力を賄うことは容易ではない。 建設省に対策を迫った。

もっと

川辺川ダム容認 治水効果を十分検証すべきだ : 社説 : 読売新聞オンライン

辛坊治郎氏「反対運動は、TBSだのテレ朝だのニュース番組が『ダム反対!中止!』を徹底して煽った結果…」 「川辺川ダム建設反対運動は、TBSだのテレ朝だのニュース番組が徹底的にバックアップして『ダム反対!中止!』を徹底して煽った結果中止になった。 清流なくして流域の復興はあり得ず、衰退は必定だ」として、ダム建設に強く反対しています。 建設省河川局監修・全国河川総合開発促進期成同盟会編『日本の多目的ダム』1963年版(山海堂、)• 被害の大きさに、従来の「ダム反対」から転換を余儀なくされたと言えよう。

もっと

球磨川流域の人たちも川辺川ダム建設にやはり消極的だったのですか?現在の熊本...

『毎日新聞』熊本地方版8月25日付記事。

もっと

川辺川にダム容認、熊本県知事が表明 白紙撤回から転換:朝日新聞デジタル

一方で最大の水没予定地となる五木村は熊本県や人吉市・相良村の対応に猛反発し、従来どおりダム建設の推進を五木村民大会において全会一致で訴えている。 『』記者の福岡賢正が(平成3年)8月から(平成7年)6月まで同紙熊本版に断続的に掲載した「 再考川辺川ダム」連載であった。

もっと