アメリカ 新型 コロナ。 なぜアメリカのコロナ拡大は止まらないのか?:時事ドットコム

外出制限後もNYで多くの感染者が出続けるのはなぜ? 最新調査データと意外な結果【新型コロナ】(安部かすみ)

各州政府は9月15日に情報を更新し、国内の28州と2地域から訪れる市民や渡航者を対象に入州規制を義務付けると発表しました。 ニューサム知事は「今後数日から数週間にわたる対応が感染者増加を抑えるために非常に重要である」と述べ、市民に対し不要な外出や会食の自粛を要請しました。 検査体制が整っていなかったこともあり、 (1人)が発表されたのは、まだそんなに遠くない 3月1日のことでした。 期間中は不要不急の移動自粛と外出時におけるマスク着用、テレワークの実施が求められます。 目立つ場所にマスク着用と社会的距離の保持を促す標識の表示• リーマンショックから景気は緩やかに回復していたが…? このセクションでは、リーマンショック後の2009年から、新型コロナ感染拡大までの2020年までの、いわば〝エアポケット〟とも呼べる時期のアメリカ経済について改めて考察していきましょう。

もっと

【2020年版】アメリカ経済の最新状況

シカゴ市 入域後の自己隔離対象州を17州に拡大 シカゴ市では新型コロナウイルスの防疫措置として、感染被害が深刻な州から訪れる市民や渡航者に対し入域後14日間の自己隔離を義務付けています。 最も深刻な事態に陥っているニューヨーク州の公表によると、同州の感染者は21万3700人、死亡者は1万1000人を超えている。 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、米国ビザ申請に関して変更となった内容は以下の通りです。 また、これまでシカゴ市と同様の措置を施行していたクック郡は対象州を特定せず、クック郡郊外から訪れる全ての渡航者に対し14日間の自己隔離を奨励しています。

もっと

【コロナ最新情報】アメリカ感染者数・州別分布・状況と渡航情報(最終更新12月4日)

再ロックダウン初日の10月30日に撮影された。 米国の1日当たりの感染死者数は4月に2000人を上回っていたが、7月上旬に500人程度まで減少。 ハワイ州• 国別の感染死者数、英国がイタリアを超える(5月6日) イタリア、ドイツ、フランスの感染者増加ペースがやや緩む一方で、英国では急増が続く。 レストラン等の飲食店は店内での飲食を禁止 テイクアウト販売のみ許可• ワシントン郡• テキサス、カリフォルニア、フロリダ、アリゾナなど南・西部の州での感染者が急増し、第2波が本格化している。 9月8日更新 : ニューヨーク州、ニュージャージー州、コネティカット州への入州制限 対象が34州と1地域に拡大 ニューヨーク、ニュージャージー、コネティカットの各州政府は感染が拡大している州からの入州制限を導入し、対象とする州を定期的に更新しています。 フィンランド• 今後もアメリカによる制裁は続くと考えられ、経済回復の兆しが見られたロシアが、厳しい状況に追い込まれるのは不可避です。 国際線を利用するアメリカ市民の方へ• 州内で感染者が増加している状況を鑑み、11月13日より在住者を含む州外から訪れる全ての渡航者に対し14日間の自己隔離を命じる勧告を発令しました。

もっと

【2020年12月4日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

ウィスコンシン州• 米国では感染拡大のペースが上がっており、1日としては過去最多の18万人の新規感染が確認された。 情報は流動的なため予告なく変更となる場合があります。 外出は基本的に禁止とし、医療施設を利用する場合のみ許可されます。 一方、ブラジルでは6月に入ってほとんど毎日2~4万人ペースでの増加が続いている。 ジョージア州:487978人(+5839人)(うち、 死者9648人(+81人))• 事件は今年3月にケンタッキー州ルイビルで起こり、州の大陪審は免職となった元警察官を起訴しました。 インフルエンザが流行する秋に備え、市民や渡航者にマスク着用や感染対策の習慣化を呼び掛けています。 しかし、殺人の罪で起訴されなかったことを受けて米国各地で抗議活動が行われており、司法当局に対する批判の声が高まっています。

もっと

【コロナ最新情報】アメリカ感染者数・州別分布・状況と渡航情報(最終更新12月4日)

英国の感染者数は20万人を超え、国別の感染死者数は米国に次いで2番目に多い3万1500人。 対象州となる基準:直近7日間における平均値を基に決定。 昨日、そんな状態から復活するための経済対策、第一弾として、新型コロナウイルス救済法 coronavirus relief bill が成立しました。 アラスカ州、コロラド州、アイダホ州、インディアナ州、アイオワ州、カンザス州、ミネソタ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ネバダ州、ニューメキシコ州、ノースダコタ州、オハイオ州、オクラホマ州、ロードアイランド州、サウスダコタ州、ユタ州、ウィスコンシン州、ワイオミング州 オレンジ : 27州と2地域 以下の州と地域はシカゴ入域前72時間以内に取得した陰性証明書の提示により、到着後の自己隔離が免除されます。

もっと

アメリカで新型コロナウイルスに感染したら医療費はいくらかかる?

3州では感染が拡大している地域から入州する全ての市民や渡航者に対し14日間の自己隔離を義務付けていますが、新たに3州と2地域が追加されました。 ちなみにアメリカにおける過去最長の景気拡大は、おもにクリントン政権の1991年3月から2001年3月の120ヵ月間でした。

もっと

最悪の流行はこれから? アメリカ、新型コロナの1日あたりの感染者数が10万3000人を超え、過去最多に

検査数が激増していることもありますが、全米での感染者数は、10000人以上、死者200人程と、想像を超えるスピードで増加しています。 対象州からシカゴ市へ訪れる市民や渡航者は14日間にわたる自己隔離が義務付けられます。 イタリアの感染死者4000人超に(3月20日) イタリアの感染死者は1日で600人以上増え、20日時点で4032人となった。 2年単位で考えたときに、この失業数が一気に上がって行くということです。 米国移民・関税執行局 ICE では9月からの新年度に向けて一部の外国人留学生に対しビザの発給を停止すると発表していましたが正式に撤回することを明らかにしました。 また、ネバダ州では州民に外出時のマスク着用を義務付ける州令も出されています。

もっと