建築 計画 概要 書。 建築・開発に関する証明・閲覧について 横浜市

神戸市:建築計画概要書閲覧窓口

このように建築計画概要書は土地の相続税評価を行ううえで非常に参考になりますが、あくまでも建築計画当時の図面にすぎませんから現場確認を省略してもよいというわけではありませんのでご注意ください。

もっと

建築計画概要書の閲覧 ・ 写しの交付手続き|尼崎市公式ホームページ

建築計画概要書原本証明書と台帳記載事項証明ともに、1通につき手数料300円で発行手続きをいたします。 建築協定の一覧・詳細範囲• 証明手数料 1通1,500円• なお、平成11年以前の建築物について検査済証の有無をお調べの場合は窓口でお問い合わせください。 建築主氏名(建築確認申請を提出した申請者)• ) 住宅用家屋証明書の発行について 住宅用家屋証明書とは 住宅用家屋証明書とは、登録免許税の軽減措置を受けるための証明書です。 物件の売主が建物の建築確認通知書や竣工図を保管していれば問題ないのですが、紛失してしまっているような場合は建築確認概要書を確認しておきましょう。 全体計画概要 ダウンロード 確認申請関連様式• ) 長期優良住宅の認定申請手数料 低炭素建築物の認定申請手数料 建築物省エネ法の認定申請手数料 確認申請等の記載事項変更について 確認や許可申請後、工事完了前までに、建築主の変更など申請書の記載事項に変更があった場合には記載事項変更届を提出してください。 計画変更確認申請書(建築物)• 詳しくは建築指導課にお問い合わせください。

もっと

建築計画概要書などの写しの交付手続き|浦安市公式サイト

建築確認申請日、建築確認日の他、建築主、設計者、工事監理者、施工業者、土地の面積、予定建物の用途・構造・延床面積、建築物の案内図、配置図が書かれています。 <法の趣旨> 建築基準法第93条の2及び建築基準法施行規則第11条の4で、建築計画概要書を閲覧に供する書類として定められています。 証明手数料 1通1,500円• イクラ株式会社代表。 に入社し、国内リテール業務を経て、その後()にて不動産売買仲介を行う。 なお、閲覧のみの場合は手数料が不要です。

もっと

【物件調査】建築計画概要書の6つの確認事項

概要書がない場合でも建築確認台帳は必ず確認しよう• 市町村役場は未登記であっても建物の存在がわかれば、もれなく固定資産税の課税をしなければなりませんので、建物図面・各階平面図や設計図書があろうがなかろうが、現況を調査し、間取り図などを作成・保存し、これに基づいて課税しています。 また、大量の建築計画概要書が保管されているため、ご覧になりたい物件の特定には時間がかかる場合があります。 私は、X市で開業している税理士です。 家を建てるには、まず設計する必要がありますが、建築基準法上に沿った適法な家を設計する必要があります。 建築確認番号が分からない場合は、大阪市役所建築指導部内に備え付けの市民用建築情報検索システム端末や、建築確認番号プロット地図等で、建築確認番号を調べてください。 確認申請時に未定であった施工者が決定した• 手数料は1件300円です。 配置図には、都市計画道路の拡幅予定線、用途地域の境界線、道路現況線、敷地後退線などが記載されていることがあり、物件調査の参考となります。

もっと

大田区ホームページ:建築計画概要書の閲覧

建築計画概要書(建築計画概要書原本証明書)• 道路や隣接地との高低差(GL=グラウンドレベル)を確認します。 なお、閲覧の際は、お手数ですが窓口へ来庁してください。 の可能性はないか、現地でも計測します。 そして、 建築計画概要書はその後一般に公開され、建築確認がおりた物件の概要がわかる貴重な書類の役割を果たします。 (平成11年度以降の建築計画概要書については、準備中です。 この制度は昭和46年1月1日から始まりました。

もっと