日経 クロス テック expo 2020。 「日経クロステック EXPO 2020」出展(2020年10月12日~2020年10月23日) | SCSK株式会社

2020年は何が出た? Apple新製品まとめ!~VTuber記者黒須もあ

加えて、プロの写真家などが使う「RAW形式」と呼ぶ記録方式にも対応しています。

もっと

日経 xTECH EXPO 2020 出展のご案内

「日経 xTECH EXPO」はビジネスと技術の「クロス領域」で起こるイノベーションの最前線を伝えるとともに、出展企業とビジネスリーダーの商談・交流を促進するイベントです。 もちろん参加は無料。 関心ある分野を選んで講演/コンテンツを見られるようにしています。

もっと

アクティブコア、2020年10月12日(月)~10月23日(金)の期間で「日経クロステック EXPO 2020」ビジネスAIへ出展|株式会社アクティブコアのプレスリリース

IoTや人工知能の実用化がビジネス拡大の可能性を一気に広げる一方で、企業を取り巻く環境は大きく変化しようとしています。

もっと

Advanet

日経ネットワークの特集• i-Construction• どの場面においても、デジタル技術が重要となってきます。 量子コンピューター• 「データ分析・予測」「画像認識」「音声認識」「自然言語処理」を始めとした様々なAI領域で企業ビジネスを支援するAIプラットフォームです。 新着デジタルムック• アクティブコアでは、バーチャルブースでの「ピタゴラス AI クラウド」のご紹介に加え、カンファレンスでの講演も予定しております。 人工知能、5G/IoT、ブロックチェーンといった技術キーワード、テーマについても、例年以上にパワーアップしたコンテンツをお届けいたします。 チャットボット• DXの現場の特集• また、300社を超えるその自己診断結果の分析から見えてきた、DX上位5%企業の「鍵」となる取り組みとは?カンファレンスでは、日本企業のDXの全体傾向や飛び越えるべき崖の正体についてご紹介します。 「Pro」を冠した2機種は、カメラ機能を強化した上位モデルです。 【出展】日経クロステック EXPO 2020() 出展概要 会期:2020年10月12日(月)~10月23日(金) 主催:日経BP 開催形態:オンライン開催 参加方法:事前登録制(登録無料) 企業のDXの取り組み状況を可視化する指標として日本で広く使われている「DX推進指標」。

もっと

アクティブコア、2020年10月12日(月)~10月23日(金)の期間で「日経クロステック EXPO 2020」ビジネスAIへ出展|株式会社アクティブコアのプレスリリース

この間に、200以上の講演やプレゼンテーションを配信するほか、専用サイトで100社以上がバーチャル展示を実施します。 スタンダードモデルとminiは広角と超広角の2眼ですが、iPhone 12 Proシリーズはそこに望遠を加えた3眼になっています。 新型コロナウイルスがもたらした「ニューノーマル」。

もっと

「日経クロステック EXPO 2020」開催中、200を超えるセミナー・100社以上のバーチャル展示

デジタル技術の活用を得意とするディスラプター(破壊者)がある日突然に現れるリスクを、日本中のすべての企業が抱えています。

もっと

「日経クロステック EXPO 2020」開催中、200を超えるセミナー・100社以上のバーチャル展示

建設テックの特集• サプライチェーン変革• 働き方改革を推進する企業は急速に増えています。 デジタルヘルスの特集• 先進企業の取り組みを知ることが大きな助けになります。 バーチャル展示会場では、AWS総合支援サービス「クラスメソッドメンバーズ」紹介のほか、ホワイトペーパーのダウンロードが可能です。 今年の日経クロステック EXPOでは、誰もが避けて通れなくなるウィズコロナ時代のデジタル変革、働き方・組織のニューノーマルといった観点を中心に、さまざまな講演、ソリューション紹介を展開します。 今回のiPad Airは、11インチの「iPad Pro」とほぼ同じデザインになり、iPad AirがiPad Pro化した感じになりました。 バーチャル展示会事前登録は、よりお願いします。 [画像のクリックで拡大表示] iPadにType-Cと最新SoCと指紋センサー! 最後に9月に発表された「iPad」と「iPad Air」を紹介します! 中でも大きく変わったのはiPad Airでした。

もっと

働き方改革 2020 出展のご案内

講演情報 【E-1224】エンタープライズDX (2020年10月12日 月 12:20 ~ 12:50) データが示す、日本のDX上位5%の企業が他に差をつけた取り組み 企業のDXの取り組み状況を可視化する指標としては、日本で広く使われている「DX推進指標」。 テレワークなどの新しい働き方を支援する自社開発のセキュリティ対策ソフトウェアや、シンクライアントシステムの最新バージョンについてご紹介します。 14:03 第2回 ディープラーニングビジネス活用アワード受賞者の紹介• 14:00 セミナー主催者挨拶• テレワークなど新しい働き方へ取り組む一方で、同時にSDGs(持続可能な開発目標)を自社の戦略に取り込む必要にも迫られています。 デジタルツイン• 建築の新着• 例年、展示会場での開催となっておりましたが、今年度はオンラインでの開催となります。 エッジコンピューティング• 営業DX&オンライン商談• 建築・住宅/土木製品ガイド• 非接触型サービス&キャッシュレス• ただし、日本版は5Gの周波数帯の中でも「ミリ波」には対応せず、「Sub-6」にのみ対応します。 ビジネスでのAI活用に関心のある方、AI導入を検討している方、ビジネス課題の最適な解決ツールをお探しの方に、お役に立つ機会となると期待しています。 肺炎などによる呼吸不全の指標となるんだそうです。

もっと