ドローン 規制。 きっとあなたも間違えている。国内ドローン規制3つの落とし穴

自由にドローンは飛ばせない!?ドローン規制の法律について解説

通信については、今までは3G、4Gが中心であったが、速度面を考え5Gの利用が注目されている。

もっと

200g以下のドローンは規制がないわけではない!知っておきたい最低限の知識

【ドローン規制5】 目視外飛行 機種によっては、ドローンからリアルタイムで送られてくる映像を専用のゴーグルで見ることで操縦者が目視できない場所までドローンを飛ばすことができます。 引用: いずれも決して難しい話ではなく、「ドローンがどんな風に使われたら危険か」を考慮すれば納得できるものではないでしょうか。 これを受けて政府は、200グラム以上としていた規制範囲を広げることを検討。 ただし、撮影場所・撮影日時もわからない状態で許可を出すには国交省側も勇気がいるとの事なので、審査はかなり厳しくなっているように思えます。

もっと

【2020年ドローン規制】ドローン飛行に関係する法律まとめ〈保存版〉|Drone Gaga

また、FPV(一人称視点)ゴーグルに映像を伝送する際に使用する電波帯は、一部利用にアマチュア無線の免許などが必要ケースもあるため、購入時は販売店で詳細の確認をするのがおすすめです。

もっと

3分でわかる!国土交通省ドローン規制法

IT企業の各社が持つドローンの技術、セキュリティ、IoTの関連技術を生かして当初は農業のインテリジェンス化に重きを置いていたが、現在はドローンセキュリティに関しての活動を中心にしている。

もっと

ドローンの規制とは。許可が必要な場所や条件、申請方法など航空法の詳細を解説

また、道路上で撮影をする場合に他人の車を無断で追尾して撮影するなどした場合はプライバシーの侵害とみなされる可能性があります。 【ドローン規制3】 人家の密集地域 DID地区 車や自転車でも人混みの脇を通る場合や交通量が多い場所を走る時は特に注意が必要ですが、これはドローンも同じです。 【ドローン規制6】 第3者の30m未満の距離に入る飛行 ドローンを第3者や第3者の建物、車などの30m未満の範囲に飛ばす場合は衝突のリスクが高まるため規制の対象になります。

もっと

【2020年最新】200g未満のドローンでも適用される飛行規制とは?

埼玉県で規制を気にせずドローンを飛ばせる場所 埼玉県には、ドローンの規制を気にせず飛ばせる練習場がいくつかあります。 日本では、2015年に初めてドローンに対する規制が導入された。 各地の原子力発電所、再処理事業所、原子力関連研究所など ざっくり言えば、 「国の重要な施設」周辺でドローンを飛ばすことが禁止されているのです。

もっと

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選|ドローンBLOG

実は、200g未満や200g以下のドローンが対象となる規制はまだまだあります。

もっと

ドローンの規制、200g以上から100g以上に強化されるかも

みだりに米軍施設上空でドローンを飛行させることは大きなトラブルや事故の原因になる可能性があるため、飛行予定周辺に基地等が無いか確認をするようにしましょう。 また、海外の人気リゾート地で旅行の際にドローンを飛ばすために知っておきたい国ごとの規制などは以下の記事に記載しております。 編集後記 ドローン規制は航空法だけではありません。 「 河川法」とは、公共の利害に関係する重要な河川を指定して、これらの管理や利用方法について定めた法律です。 超高速、超低遅延、多数同時接続などのメリットがあるために5Gへの期待は大きい。 爆発物など危険物を輸送しないこと• 自動車でもガソリンなどの危険物を積むタンクローリーを運転するためには危険物取扱者の資格が必要になりますが、ドローンも危険物を積む際には事前承認が必要になると考えるとわかりやすいでしょう。 これまで200g未満のドローンは上空150m以上の飛行や空港周辺での飛行を除いて規制の対象外でした。

もっと