弁 える 意味。 熊本弁一覧表(熊本の方言)

方言:泉州「もむない」愛知「くろにえる」が『ちゃちゃ入れマンデー』で紹介

せこかう:「入れ知恵する」の意。 また、多くの場合「…だろう」と併用される。 す くなむ:「しゃがむ」の意。 )(推測) こういった推測や伝聞を連発する文言の戒めとして、「げなげな言葉は嘘やげな」という言葉もある。 ず く:(全県)しばしば共通語による定義ができないとされる名詞。 た っけに:「各自銘々に」の意。 け ぞねえ:「飽き足らない」の意。

もっと

熊本弁一覧表(熊本の方言)

」という用法とは異なる。 頭ン毛ンウズク(名前をどうしても思い出せない。 また、いわゆる「気がつきにくい方言」 や、共通語と同じ語彙でありながら用法がドメスティックなために県外では伝わらないものなども数多く存在する。 どの言葉についても弁えると意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。

もっと

「えずく」は方言なの?意味や標準語での使い方を紹介!

理由・原因• う なでに:(北信、東信)「自然に」「おのずと」の意。 し こる:「(寒さで)じっとする」「うずくまる」の意。

もっと

弁えるの読み方と意味、「わきまえる」と「うろたえる」正しいのは?

「二度三度、 えずく音がした」• 主に県央で使用される。 ず るい:(北信、東信、中信)「動作が鈍い」の意。 古語の「よだけし」の変形か。 ガ行子音は[g]であり、は存在しない。 …し ない?(するしない?):「…じゃない?」「…だよね(よね)?」「…しよう」「…だろう」という意味の。

もっと

宮崎弁

松本地域 [ ]• 1 知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。 注意:ここで挙げられている例は、地域的・世代的な差異があるので、ニュアンスなども含めて、必ずしも長野県全域・もしくは各地方であまねく通じるものではない。 用例:「いつものくに」• ~かし:動詞の連用形語幹や接続助詞「て」について軽い命令を表す。

もっと

遠州弁

す ねくる:「ただをこねる」の意。 ひ きる:(北信、東信、中信)「(蚕が上蔟して)熟蚕になる」の意。 用例:「せきさかそんなもんだ」• 例えば「行こうと思う」という場合、「いかずと…」や「いかっと…」となる。 (柱などに)「もたれかかる」の意味で使う地域もある。 な るい:(北信、中信、南信)「緩やかだ」「容易だ」の意。 「てきない」と意味が似るが、「ごしたい」は北信北部、諏訪、上伊那を中心に、広い範囲に点々と分布する。 「おだゆむ(小弛む)」に由来。

もっと

長野県方言

あっこ 1 、 あっくい:(全県)「かかと」の意。 名詞・用言の連体形に接続し伝聞を、もしくは疑問形で使用された場合は推測を表す助動詞。 げ っとに:「強引に」の意。 … まし:「…ごと」の意。 こ てる:(北信、東信)「堪える」の転訛。 た っぽれる:「あてなく彷徨する」の意。 小谷地域• と ぶ:(全県)走る、駆ける。

もっと