天理教 本部 ホームページ。 天理教学生会/学生担当委員会|TSA website

ごあいさつ [天理教兵神大教会 ]

それらは教祖中山みきに直接助けて貰った信者が中心(講元)となった当時の講(教会)が教会設立と共に段階を経て大教会となったものとその大教会から分離昇級した分教会ご大教会となったものがある。 この中には、他 宗教に帰依した状態で天理教の信仰を行なっている者の数も含まれている。 この八島の異説には天理教青年会ほか教団内部からの反論もあり、天理教青年会本部の機関紙『あらきとうりょう』149号で、唯物論的で教祖の実在からかけ離れていると批判し、史料と合わせて反駁しているほか、『確かな教理理解のために』という反駁本も出版している。 再開については、後日あらためて連絡となります。 ・外出時や屋内でも会話をするとき、人との間隔が十分にとれない場合は、症状がなくてもマスクを着用する。

もっと

修養科|天理教

宗教番組 [ ] 日本全国のテレビ・ラジオで早朝に放送されている天理教の宗教番組として「」を放送している。

もっと

天理教学生会/学生担当委員会|TSA website

1866年(慶応2年)、中山みき、「あしきはらいたすけたまへてんりわうのみこと」の歌と手振りを教える。 傘下にある一般教会などにおいても、その例に倣い、「親神」「教祖」「御霊」を祀る御社を設置し、「おつとめ」や「月次祭」の礼拝が行われている。 『改訂天理教事典』の「中山こかん」の説明には、嘉永6年(1853年)に「天理王命」の神名を伝えに行った、とあるが、「てんりんおうのみこと」の説明では、32年後の明治18年の公認運動の頃から「天理王命」の字に一定した、との記述がある。 〇教会本部 11月 月次祭の参拝について 教会本部の「信仰している方へ」のホームページに、教会本部11月月次祭の参拝についてが掲載されています。 初代には中山みきの孫にあたる、2代目には、3代目にはが就任した。

もっと

天理教少年会本部

聴講の内容は教祖・みきの生涯と教理を端的に示した「別席台本」が読まれる。 通常、表側 右側 の襟に所属の本部直属教会名を、下側 左側 の襟に所属分教会・布教所名などを入れる。 宗教法人天理教の主たる事務所組織を「教庁」という。 1933年(昭和9年)4月18日、教祖誕生祭開始。 よろしくお願いいたします。 上記のお知らせや終了した行事や活動なども含みます。 2019年11月1日閲覧。

もっと

天理教について

詳細は、案内チラシ(以下のリンク)をご覧ください。

もっと