繰越 明 許 費 と は。 繰越明許費 ・事故繰越: 資料集

平成27年度一般会計繰越明許費について

議会の場で質問はあるでしょうが・・・・。 【回答要旨】 実際に収受した年度の特定収入となります。 概略は次のとおりでありますが、個別の事業詳細について、知りたいということでありましたら、それぞれの担当者へお問い合わせいただければと思いますのでよろしくお願いします。 具体的にいうと、原則として「n年度に支出する経費の財源は、n年度の収入から支出しなければならない」ということです。 ここで遅れを生じると、また継続費を繰り越すようになります。 2 昭和52年度決算に関する参議院の議決• (イ)主要経費別にみた繰越率 12年度から14年度までの繰越率を主要経費別にみると、図32のとおり、各年度とも公共事業関係費の繰越率が高く、次いで経済協力費が高い状況となっており、14年度では、それぞれ20.0%、10.6%となっている。 簡単には、行政財産とは実際に行政庁が行政業務を運営するにあたって使用する財産のことです。

もっと

継続費と債務負担行為及び繰越明許の違いについて

また、行政財産であっても、その目的に利用されなくなった場合には、用途廃止を行い一般に所有する状態と変わらなくなった場合にも普通財産となります。 2 前項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、これを繰越明許費という。 そこで、「事項」ごとに、当該「事項」全体において支出負担行為が全く行われずに明許繰越がなされているもの(以下「全額未済繰越」という。

もっと

財政用語の説明/財政課/倉敷市

1 未竣功工事の問題点• その上で、5月31日までに繰越計算書を作成し、地方自治法第146条の2項の規定により次の議会で報告する必要があります。 標準財政規模 地方公共団体の一般財源の標準的な規模を示すもので、普通交付税と地方税(県の場合は県税)が主なものです。 第2節 繰越手続について• そこで、翌年度繰越のほとんどを占める明許繰越について、繰越額のうちどの程度が年度内に支出負担行為済みとなっているかについて調査したところ、次のような状況となっていた。

もっと

平成27年度一般会計繰越明許費について

最初に、 道路を造るのに5年間で10億円(毎年度2億円)を支出すると議会にお伺いを立てます。 と違いが明確に分かるように教えて頂けないでしょうか。 この場合は議会の承認を得て、1億円分を翌年度に繰り越して工事をすることになります。 )については、支出負担行為がなされている繰越しに比べて使途内容、計画等が具体的となっていないことから、繰越しを行うに当たり、申請額の積算の内容が適正であるかなど、より慎重な審査が行われる必要がある。 1 決算検査報告• 1 特定の目的のために財産を維持し、資金を積み立てるものと 2 特定の目的のために定額の資金を運用するために設けられるものがあります。 (検査の対象及び方法) 検査に当たっては、24官署 において、21年度から22年度への明許繰越し(一般会計及び11特別会計の18勘定における繰越し計722事項、繰越額計2812億7901万余円)を対象として、申請書類のほか、繰越事項の内容及び繰越予算の執行状況に係る調書の内容を確認するなどの方法により会計実地検査を行った。

もっと