かつや 店舗。 トップ

トップ

とんかつ・かつ丼「かつや」• からに3年間で300店舗を目指して店舗と売り上げの増加を図るも、「少数精鋭主義」で配置を抑える一方、新規出店に伴い社員の異動が短期間で多岐に渡ることとなった。 概要 [ ] 屋号の通り、・などを中心に提供する。

もっと

かつや

株式会社かつや• 、「幸楽苑」を展開する株式会社と業務提携した。 2016年、従来直営で行ってきた外食事業を会社分割し、「かつや」事業を担う 株式会社かつやと、「チェントペルチェント」のレストラン事業を担う フィルドテーブル株式会社をにより設立。 この項目は、に関連した です。 ほぼ全てのメニューがテイクアウト(持ち帰り)に対応する。 は(梅・竹・松)、メンチカツカレー、海老ヒレメンチカツカレーがある。

もっと

かつや

株式会社バックパッカーズ - 2017年7月にグループ入り• 2007年8月30日上場 本社所在地 〒101-0062 4-3 14階 設立 事業内容 外食産業 代表者 代表取締役社長 資本金 19億3200万円 発行済株式総数 3309万6000株 売上高 [単体]158億4400万円 [連結]265億4100万円 (2017年12月期) 経常利益 [単体]15億6800万円 [連結]38億1700万円 (2017年12月期) 純利益 [単体]8億800万円 [連結]23億2200万円 (2017年12月期) 純資産 [単体]141億1900万円 [連結]163億4700万円 (2017年12月期) 総資産 [単体]172億9200万円 [連結]212億4800万円 (2017年12月期) 従業員数 [単体]32人,[連結]148人 (2017年12月期) 決算期 12月31日 会計監査人 所有者 アークランドサービスホールディングス株式会社 主要株主 (52. アークダイニング株式会社• からあげ「からやま」• 肉めし専門店「岡むら屋」• 、イタリアンカフェ「 チェントペルチェント」を開店。 1998年の1号店をオープン 以降、2020年10月現在、国内では、を除く45に展開するが、うち店舗が全体の3分の2近くに達しており、直営店以上にフランチャイズ展開を積極的に進めている。

もっと

かつや

以後、関東を本拠地とする将来的なフランチャイズ展開を視野に、関東中心に直営店舗を出店する。 2019年9月19日閲覧。 事業ノウハウ習得のためレストラン、、などに参加する。 単品メニューとして・・ポテトコロッケ・チーズコロッケ・メンチカツ・イカフライ・ロースカツ・ヒレカツ・ひとくちロースカツ 40g などがあり、1個から注文が出来る(店内飲食時の注文も可能)。 「かつや」事業の他には唐揚げ専門店「 からやま」に注力しており、出店ペースは「かつや」を上回るほか、2018年8月にはたこ焼き店「」を展開するホットランドとの合弁でへの進出を果たしている。 3月には株式会社が当社へのフランチャイズ加盟契約を行ったことにより、同社の店舗の一部で「かつや」への転換も実施された。

もっと

トップ

定食メニューとしては、ロースカツ定食(カツ丼「竹」に相当)、ダブルロースカツ定食(カツ丼「松」に相当)、ヒレカツ定食(3枚)の他、とん汁定食(ご飯・とん汁(大)とヒレカツ2枚 、海老ロースカツ定食、海老ヒレカツ定食、海老ヒレメンチカツ定食、メンチカツ定食、ロース・メンチカツ定食、おろしカツ定食(ロース)、おろしヒレカツ定食がある。 「新橋ぎょうざ」• 店舗数は2013年12月時点で、直営店103、FC店144、合計247店舗である。

もっと

トップ

エバーアクション株式会社• ただし弁当にはとん汁はつかない(とん汁(大)のみ別途注文可)。 。 、株式会社ベンチャー・リンク(現・)として「かつや」のフランチャイズ事業を開始するとともに、CASA、サンマルク、ドトールコーヒーなどの店舗とフランチャイジーを売却。 からあげ 縁 - YUKARI -• また、海外では・・・・に計60店舗を展開している。 当初、のの1室に「東京営業所」を置き本部的に機能する。 、上場。

もっと

トップ

また、新自社ブランドとして「 赤大門」、「 お肴や」の事業も開始するが、現存しない。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

もっと