千田 有紀。 千田有紀「親子断絶防止法案は日本会議が作った」

「強い当事者主義」問題——セクマイ問題の“ややこしさ”について

今回ほど、論文を書く際に相談に乗ってくれた研究仲間が心強いことはなかった。

もっと

千田有紀 キズナアイで炎上 夫は?ノーベル賞を説明するキズナアイが女性差別だとケチをつける→名誉棄損で提訴先を探す

2000年 p251 いつそんな時代になったのか? ならばの使命は終えたのか? これは理論先行の事実誤認的な先走りとしか言いようがない。 トイレがどのように暴力と不安に満ちた場所として描かれ、ときにその不安はいかに差別に向かって動員もされる言説だったかということを指摘したうえで、様々なトイレの可能性を論じ( 論文をぜひ読んで欲しい)、トイレの線引きの基準は性別ですらないかもしれないとまで思考しながら、「トランス女性が安全にトイレを使う権利」について考えようと述べている。 実質的にトランス差別がなかったことにされているのである。 「女性運動の指導者であるベティ・フリーダンは『女らしさの神話』 邦題『新しい女性の創造』 という本の中で、郊外に住む専業主婦にインタビューしています。 しかし、それは啓蒙がうまくいかないときにいらだってしまうから問題だというのでしょうか? なら私たちは、トランスのみならず、シス女性も含めてこの社会で不利益を被るあらゆる人々は、どう差別に対抗したらいいのでしょうか? 私がに詳しくないために困惑しているだけかもしれませんが、「の現在」と題した特集のもとでこのようなことを言う以上、現在のはこうした思想のもとで営まれている、少なくとも千田氏はそう理解しているのでしょうか? ここから先はわざわざ取り上げません。 普通は、誰かがしかじかと考えているということは、実際にしかじかであるということの正当化とはなりません。

もっと

千田有紀

そしてここが正当化されていないがゆえに、その後の議論は意味をなしません。 このターフという言葉を批判するひとは、ターフという語は、侮辱や暴力的なレトリックとともに使われていると述べている ここでの問題は、第一に、「ターフと言う言葉で呼ばれるひとは[……]それを中傷だと考えている」というターフと名指される人々の意見への言及から、するっと「いまや「ターフ」とは中傷の言葉であり」と事実言明へとシフトしていることです。 2018年7月にがトランス女性の受け入れを公表して以来、これに反対する意見が上に現れ、そこからトランス女性の存在をシス女性の安全を脅かすものとして敵視する言説があふれ出てきた。 普段は父親も育児に参加しろとか、母子家庭がどれだけ育児負担があるかとか言いながら、ハーグ条約反対になると「母親に親権がいくのは当たり前」などと言っていたが、今回もそうだった。

もっと

「女」の境界線を引き直す意味-『現代思想』論文の誤読の要約が流通している件について|千田有紀|note

ゆなさんは、「シス女性たちの恐怖が差別意識から出たものではないということが主張され」と書かれているが、 まずシス女性たちの恐怖が何かは畑野さんの言説におけるレベルのものであり、シス女性の 差別意識から出たものではない、などということは主張していない。 文脈 私の知るかぎりでの、この論文が現れた文脈です。 umiSen を支持する。 というのも、トランス側の多くのひとは、ペニスを男性性の象徴とする発想がターフと名指される人々の創作であるとまでは言っていないはずだからです。

もっと

千田有紀「親子断絶防止法案は日本会議が作った」

以前と違い、今回は私は本も買い、数回にわたって論文を読んでいるので、「さっと目を通しただけ」ではありません。

もっと

【炎上】社会学者の千田有紀、ノーベル賞を解説するキズナアイが女性差別だとケチをつける

そのTwitterの画像。 「退役軍人たちが工場や職場に戻ってくると、女性たちが専業主婦になり、近代家族がたくさん生まれました」 「でも、その破綻もものすごく早かった」と千田教授は指摘する。 一言でまとめるなら、全体の核となる「トランスはを自由に選択している」が、いかなる専門家の引用も当事者の引用もなしに、それゆえ何の正当化もなしに前提とされ、しかも私が見る限りトランス当事者の発言と合致していないという事実のゆえに、千田氏の議論はそのほとんどが破綻している、というのが私の見立てです。 その理由は、けっしてを「女の権利の主張」という枠に閉じこめて、「女」を理論の基盤、あるいは解放されるべき主体として、保持したいと願っているためではない。 第3節は「ターフ探しがもたらすもの」では、シス女性たちの恐怖が差別意識から出たものではないということが主張され、仮に差別意識を持っていたとしても、差別意識を問題化し啓蒙を望むならば、それがうまくいかなかったときにいらだちを覚えるだろうと述べられたのちに、トランス活動家による暴力的な活動の例が列挙されます。 むしろこの事例が示しているのは、「ペニスがないなら女性だ」などという常識を採用していると、多大な苦痛を被る者がいるということなのではなかったでしょうか。

もっと

千田有紀

よろしければ各自でご確認ください)。 このことに対して弁護士の太田啓子さんや社会学者の千田有紀さんが疑問を呈しました。 炎上した千田有紀教授に対してネットは ノーベル賞のNHK解説に「キズナアイ」は適役なのか?ネットで炎上中 千田有紀 — Y! これが千田氏の論文から私が読み取った内容であり、そしてという広く名の知れた出版社が出す著名な思想系雑誌『』にて「の現在」と題された特集のひとつとして語られた内容です。 したがって、ロールも・も、そして身体も後天的に作られたフィクションであるという考え方へと論が変遷していったと述べる。 「ターフ」が気持ちを入れ替えて、差別をやめさえしたら、問題が解決するかのように見えることだ。 だけど個人的な好き嫌いの問題じゃないんですよね。

もっと

コラム:キズナアイ・千田有紀騒動における4つのすれ違い(勘違い)

なぜならば、ものごとの解決には、第の、つまり当事者以外の視点が必要なことが多いからです。 今の時代に合わせた家族を支えるためにどのような仕組みを構築すべきか。 しばらくの話があったあと、特に接続する文言もないままに後に「トイレに話を戻そう」と述べられるので、何のための個所なのか、トランスでないセメンヤ選手とトランス女性の話にどういった関連性を千田氏が見出しているのかは定かではありません。

もっと

千田有紀「「女」の境界線を引きなおす:「ターフ」をめぐる対立を超えて」(『現代思想3月臨時増刊号 総特集フェミニズムの現在』)を読んで

千田氏の論文のストーリーはこうです。

もっと