東奥 日報 社 速報。 北村麻子さん、ねぶた面作りのオンライン講座(東奥日報)

北村麻子さん、ねぶた面作りのオンライン講座(東奥日報)

翌年廃刊 17年 9月 1日 「秋田青森函館新聞」発刊。 ねぶたを知り、広めてくれることが、ねぶた復活の力になる」と話した。 21日から「夕刊東奥」と改題。 2月21日から「夕刊東奥」と改題。 観光分野に詳しい株式会社「刀」の佐藤大介エグゼクティブ・ディレクターは「東北は自然も文化も素晴らしく濃い。 「東奥日報」創刊号 22年 5月 1日 菊池九郎社長の弘前市長就任に伴い2代社長に工藤行幹就任 23年 1月 株式会社を解散、菊池九郎、榊喜洋芽、蒲田広を結社人とする個人経営とし、3代社長に蒲田広就任 7月 14日 長島3-2に東奥印刷所落成、東奥日報社も移転 29年 1月 大判4ページ建てとし、現在の題字制定 35年 2月 28日 4代社長に武田邦雄就任 37年 6月 7日 日露戦争の戦況速報のため2版制を採用 41年 2月 17日 祭日を除く年中無休刊制実施 43年 5月 3日 青森市の大火で本社類焼、3日間休刊 青森市大火災後に建てられた本社社屋 大正 元年 1912 12月 17日 7,000号発行を記念して東北地方で2番目の石川式輪転機導入 8年 9月 6日 資本金3万円で株式会社東奥日報社を設立。

もっと

八工大生藤田さん3Dプリンターでミニ神社制作(東奥日報)

朝夕刊完全セット制で、発行部数は約26万部。

もっと

活力引き出す方策は 東北七新聞社協フォーラム(東奥日報)

最後は、地元の子どもたちがねぶた囃子(ばやし)の生演奏に合わせて跳ねる様子を中継。 細かい部分もこだわって作っている」と話した。

もっと

活力引き出す方策は 東北七新聞社協フォーラム(東奥日報)

秋田魁新報、岩手日報、河北新報3社への委託印刷で発行を継続。 21日はねぶた師の立田龍宝さんが講師を務め、ねぶたの歴史や伝統について講話した。

もっと

八工大生藤田さん3Dプリンターでミニ神社制作(東奥日報)

取材を基にサイズや色などをデータ化して3Dプリンターで出力し、ミニチュアが完成する。 超高速輪転機3台を導入。 宮腰教授は「年々精度が上がっている。

もっと

八工大生藤田さん3Dプリンターでミニ神社制作(東奥日報)

3Dプリンターによる建物ミニチュアは、同大の宮腰直幸教授が進めてきた研究の一環で、今年で3年目となる。 6月9日から「東奥日報」夕刊となる 1963年 企画連載「国有林を見直そう」が新聞協会賞(編集部門)受賞 1987年 カラー印刷開始 1989年 企画連載「超高齢社会がやってくる」が第8回アップジョン医学記事賞特別賞を受賞 1994年 記事のワープロ入力、オンライン送信化が完了 1999年 初のこども新聞「東奥こども新聞」発行(年2回発行)。

もっと

東奥 日報 速報 (東奥日報)

10月29日から自社印刷 1950年 「日刊青森」の題字で夕刊復活。 講座に参加した子どもたちは一緒に跳ねたり、作った面を揺らしたりして祭りの雰囲気を楽しんだ。 今後も東北の魅力を発信し、東北で生きるパワーを引き出す一翼を担い続ける」と共同宣言を読み上げた。 東奥 日報 速報 についてもっと詳しく調べてみたい時は以下のリンクをたどってください 東奥日報(とうおうにっぽう)は東奥日報社の発行する青森県の地方新聞。 青森放送との結びつきが強い。

もっと

北村麻子さん、ねぶた面作りのオンライン講座(東奥日報)

左から豊島在寛、田中稔、山本護太郎の各氏 10月 木造2階の社屋完成 25年 2月 11日 「日刊青森」の題字で夕刊復活。 価値を信じて磨き上げ、オール東北で良さを伝えていくことが大事」と提言した。 ミニチュアは石こう製で、37社分作る予定。 3台連結に 44年 11月 8日 本社新館落成。

もっと