インスタ アーカイブ 投稿 と は。 【Instagram(インスタグラム)】投稿が隠せる!非表示機能「アーカイブ」が追加

インスタのアーカイブ機能について!見方や保存方法、戻す方法を解説

表示したら、 右上の点が3つ並んでいるマークをタップします。 シェアするストーリーを開いたら画面右下にある「送信先」をタップしましょう。 続いては、アーカイブの基本的な使い方である下記4つを詳しく解説していきます。 Instagramのストーリーズで使えるアーカイブ機能 Instagramでは、通常の投稿とは違い初期設定でストーリーズは自動的にアーカイブに保存されるようになっています。 ハイライトにストーリーズを表示させたい時は、まずストーリーズアーカイブを開いて右上の「・・・」マークをタップします。 まずインスタアプリを起動したらストーリー投稿画面に行きましょう。

もっと

インスタで投稿した順番を変えることはできる?方法を徹底調査!

それはスーパーで買い物をしたことを報告する投稿。 ハイライトは複数つくることができます。

もっと

インスタグラムの「アーカイブ」とは? 機能と使い方を解説(フィード/ストーリー)

インスタグラムのアーカイブは自分が指定した投稿を他のユーザーが見れなくすることができ、この時投稿自体は削除されていないですが、タイムラインやプロフィール画面からは非表示になっています。 写真を撮る場合は《タップ》。 アーカイブからハイライトをつくる インスタグラムでは「ハイライト」をつくることができます。

もっと

インスタグラムのアーカイブ機能とは?投稿を非表示・元に戻す方法など

投稿をアーカイブ保存する時は、まずアーカイブ保存したい投稿を開き、右上の「・・・」のマークをタップします。 Instagramのアプリが最新のものになっているか・・・アプリがアップデートされていないと、アーカイブが表示されない可能性があります。 ストーリーにシェアしておけば24時間いつでもリプレイできます。 誤って投稿を削除してしまった この2つです。 それでは設定方法を解説していきます。 アーカイブの自動保存設定についてはのちほど解説します。 活用の仕方はいろいろあります。

もっと

【インスタ使い方】Instagram写真でアーカイブしたら削除された?消えた?

写真をタップすると投稿を見ることができます。 では、ストーリーズアーカイブからストーリーズをシェアする方法を見ていきましょう。

もっと

インスタライブのアーカイブ保存や動画を録画する方法

App Storeでアップデートの通知がないかどうか確認しましょう。 番外編:インスタの各種保存機能の使い方をチェック 最後にインスタのデフォルト機能でできる、さまざまな保存機能の使い方をチェックしましょう。 さらに、気になる場所を検索したり、好きな著名人やブランドをフォローしたり、いま興味・関心のある話題についても楽しみ方が広がります。 これらの手順で、再投稿した場合、その投稿は元あった場所に表示されるようになっています。 なんと以下のように「ストーリーズ」と「投稿」が選べるんですよ。 次からはアーカイブについて説明していきたいと思います。 インスタには2017年5月に新機能として追加されて、だいぶおなじみになってきました。

もっと

【インスタ】投稿を隠せるアーカイブ(非表示機能)を解説!

後ほど、ストーリーを自動で保存しない設定について紹介します。 どうしてもインスタの投稿の順番を入れ替えたい場合の対処法 とはいえ、なかには 「意地でも投稿の順番を 入れ替えたい!」 という頑固な人もいるかも しれませんね(笑) そんな人のために何とか順番を 入れ替える方法を見つけてきました。 投稿としてシェアする アーカイブに保存されているストーリーは、投稿としてシェアすることが可能です。

もっと

インスタグラムの「アーカイブ」とは? 機能と使い方を解説(フィード/ストーリー)

「設定」から、「プライバシー設定とセキュリティ」に移動します。 ただ、IGTVもアーカイブと近い機能として活用することが可能。 よって、PCからだとインスタライブの保存ができないようになっています。 詳細 インスタのストーリーで投稿した写真や動画は24時間で消える仕組みになっているため、ユーザーのリアルタイムに近い日常などを知ることができる便利な機能です。

もっと

インスタグラムのアーカイブを戻す方法──解除して再表示させたときの通知の有無なども解説

保存期間は24時間 インスタライブのアーカイブは、ストーリーズとして投稿されます。 また、投稿にはいいねやコメントをすることもできます。 確認する手順は以下の通りです。 選択した投稿のメニューが画面に出てくるので、「アーカイブする」をタップしましょう。

もっと