カルバマゼピン 副作用。 カルバマゼピン

半音下がって聴こえるという副作用

処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。 発疹、痒みなどの他、頻度は極めて稀だが皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)などの重篤な皮膚症状がおこる可能性もある• 66日目、ベタメサゾン内服終了(一部省略。

もっと

【てんかん・三叉神経痛治療薬】カルバマゼピンの特徴や頭痛などの副作用について解説

ラモトリギン:アレルギー性皮疹 他の薬より格段に多い訳ではありませんが、服用開始後2月以内にみられ、身体にはしかのようなぶつぶつがみられると、薬は中止せざるを得ません。 またテグレトールの量を出来るだけ少ない量に減量することも大切です。 心不全• テグレトールの副作用で注意しなければいけないものとして、薬疹があげられます。

もっと

カルバマゼピン(商品名テグレトール)の副作用

〕 ボリコナゾール、タダラフィル(アドシルカ)、リルピビリン、マシテンタン、チカグレロル、グラゾプレビル、エルバスビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル、アスナプレビル、ドルテグラビル・リルピビリン、ソホスブビル・ベルパタスビル、ビクテグラビル・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミドを投与中の患者〔これらの薬剤の血中濃度が減少するおそれがある。 臨床的に問題となることはそれほどないといわれています。 副作用 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については再評価時における文献を参考に集計した。 それと同時に全身のリンパ節腫脹や肝臓などの臓器障害、血液検査の異常が認められます。

もっと

56. カルバマゼピンと音程変化

ラモトリギン錠を投与する場合は、併用薬剤に注意しながら、用法・用量を順守し、増量時でも用量超過にならないよう、とくに皮膚障害に注意しながら投与 することが必要です。 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 その原因薬としては、 カルバマゼピン( テグレトール)がよく知られている。 周知の副作用ですが、重症薬疹に進展する場合もあります。 高齢者 65歳〜 カルバマゼピン錠100mg「アメル」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 エポキシド加水分解酵素を阻害する薬剤 カルバマゼピン-10,11-エポキシドの血中濃度が上昇 ボリコナゾール 血中濃度が減少し作用が減弱 タダラフィル<肺高血圧症を適応とする場合> 血中濃度が減少し作用が減弱 リルピビリン 血中濃度が減少し作用が減弱 マシテンタン 血中濃度が減少し作用が減弱 チカグレロル 血中濃度が減少し作用が減弱 グラゾプレビル 血中濃度が減少し作用が減弱 エルバスビル 血中濃度が減少し作用が減弱 ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル 血中濃度が減少し作用が減弱 アスナプレビル 血中濃度が減少し作用が減弱 ドルテグラビル・リルピビリン 血中濃度が減少し作用が減弱 ソホスブビル・ベルパタスビル 血中濃度が減少し作用が減弱 ビクテグラビル・エムトリシタビン・テノホビル アラフェナミド ビクテグラビル及びテノホビル アラフェナミドの血漿中濃度が低下、この薬剤の効果が減弱しこの薬剤に対する耐性が発現 モノアミン酸化酵素阻害剤 相互に作用が増強 エタノール摂取 相互に作用が増強 中枢抑制剤 相互に作用が増強 ハロペリドール 相互に作用が増強、作用を減弱 チオリダジン 相互に作用が増強 炭酸リチウム 精神神経系症状<錯乱・粗大振戦・失見当識等> メトクロプラミド 神経症状<歩行障害・運動失調・眼振・複視・下肢反射亢進> カリウム排泄型利尿剤 低ナトリウム血症、SIADH イソニアジド 肝毒性を増強、本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> フルボキサミン 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> ベラパミル 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> ジルチアゼム 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> シメチジン 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> オメプラゾール 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> ダナゾール 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> ビカルタミド 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> キヌプリスチン・ダルホプリスチン 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> マクロライド系抗生物質 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> エリスロマイシン 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> クラリスロマイシン 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> リトナビル 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> ダルナビル 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> アゾール系抗真菌薬<ボリコナゾールは禁忌> 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> ミコナゾール 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> フルコナゾール 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> シプロフロキサシン 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> アセタゾラミド 本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等> クエチアピン 血中濃度が低下、本剤の代謝物の血中濃度が上昇 イトラコナゾール 血中濃度が低下、本剤の血中濃度が上昇 テラプレビル 血中濃度が低下、本剤の血中濃度が上昇 クロバザム 血中濃度が低下、本剤の血中濃度が上昇 パロキセチン 血中濃度が低下、本剤の血中濃度が上昇 カスポファンギン 血中濃度が低下 プリミドン 本剤の代謝物の血中濃度が上昇、相互に血中濃度が低下 フェノバルビタール 本剤の血中濃度が低下 リファンピシン類 本剤の血中濃度が低下 フェニトイン 本剤の血中濃度が低下、血中濃度を上昇又は低下 バルプロ酸 本剤の血中濃度が低下、血中濃度を低下、本剤及び本剤の代謝物の血中濃度が上昇 ラモトリギン 血中濃度を低下 エファビレンツ 相互に血中濃度が低下 テオフィリン 相互に血中濃度が低下 アミノフィリン製剤 相互に血中濃度が低下 抗不安薬 作用を減弱 アルプラゾラム 作用を減弱 ミダゾラム 作用を減弱 抗てんかん剤 作用を減弱 ゾニサミド 作用を減弱 クロナゼパム 作用を減弱 エトスクシミド 作用を減弱 トピラマート 作用を減弱 ペランパネル 作用を減弱 トラマドール 作用を減弱 ブプレノルフィン 作用を減弱 抗パーキンソン剤 作用を減弱 イストラデフィリン 作用を減弱 ブチロフェノン系精神神経用剤 作用を減弱 三環系抗うつ剤 作用を減弱 イミプラミン 作用を減弱 アミトリプチリン 作用を減弱 ノルトリプチリン 作用を減弱 トラゾドン 作用を減弱 ミアンセリン 作用を減弱 セルトラリン 作用を減弱 ミルタザピン 作用を減弱 精神神経用剤 作用を減弱 オランザピン 作用を減弱 アリピプラゾール 作用を減弱 リスペリドン 作用を減弱 ブロナンセリン 作用を減弱 クロザピン 作用を減弱 パリペリドン 作用を減弱 ドネペジル 作用を減弱 フレカイニド 作用を減弱 エレトリプタン 作用を減弱 ジヒドロピリジン系Ca拮抗剤 作用を減弱 ニフェジピン 作用を減弱 フェロジピン 作用を減弱 ニルバジピン 作用を減弱 オンダンセトロン 作用を減弱 副腎皮質ホルモン剤 作用を減弱 プレドニゾロン 作用を減弱 デキサメタゾン 作用を減弱 ソリフェナシン 作用を減弱 クマリン系抗凝血剤 作用を減弱 ワルファリン 作用を減弱 免疫抑制剤 作用を減弱 シクロスポリン 作用を減弱 タクロリムス水和物 作用を減弱 エベロリムス 作用を減弱 抗悪性腫瘍剤 作用を減弱 イリノテカン 作用を減弱 イマチニブ 作用を減弱 ゲフィチニブ 作用を減弱 ソラフェニブ 作用を減弱 スニチニブ 作用を減弱 ダサチニブ 作用を減弱 ニロチニブ 作用を減弱 ラパチニブ 作用を減弱 トレミフェン 作用を減弱 タミバロテン 作用を減弱 テムシロリムス 作用を減弱 アキシチニブ 作用を減弱 セリチニブ 作用を減弱 オシメルチニブ 作用を減弱 パルボシクリブ 作用を減弱 イブルチニブ 作用を減弱 ポナチニブ 作用を減弱 レンバチニブ 作用を減弱 ドキシサイクリン 作用を減弱 HIV感染症治療薬 作用を減弱 サキナビル 作用を減弱 インジナビル 作用を減弱 ネルフィナビル 作用を減弱 ロピナビル 作用を減弱 ドルテグラビル・アバカビル・ラミブジン 作用を減弱 マラビロク 作用を減弱 デラビルジン 作用を減弱 エトラビリン 作用を減弱 プラジカンテル 作用を減弱 エプレレノン 作用を減弱 シルデナフィル 作用を減弱 タダラフィル<勃起不全を適応とする場合> 作用を減弱 ジエノゲスト 作用を減弱 アプレピタント 作用を減弱 リバーロキサバン 作用を減弱 シンバスタチン 作用を減弱 ホスアプレピタントメグルミン 作用を減弱 ジゴキシン 作用を減弱 非脱分極性筋弛緩剤 作用を減弱 パンクロニウム 作用を減弱 アルベンダゾール 作用を減弱 アセトアミノフェン 作用を減弱、肝障害 ダビガトランエテキシラート 作用を減弱 ミラベグロン 作用を減弱 黄体・卵胞ホルモン剤 効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ドロスピレノン・エチニルエストラジオール 効果の減弱、不正性器出血の発現率が増大 ヒドロキシクロロキン 本剤の作用が減弱 シクロホスファミド水和物 作用を増強 飲食物との組み合わせ注意• 29).ダビガトランエテキシラート[ダビガトランの作用を減弱することがある(本剤のP糖蛋白誘導作用により、ダビガトランの血中濃度が低下することがある)]。 催奇形性とは妊婦さんが服用してしまうと、赤ちゃんに奇形が生じる可能性が上がってしまうという事です。 ドルテグラビル・リルピビリン投与中• ラモトリギン ラモトリギンの血中濃度を低下させることがある。

もっと

カルバマゼピン製剤の解説|日経メディカル処方薬事典

咽頭痛、手足の発疹、左頸部のしこりが出現。 ところで、この薬の意外な副作用に 「音程の変化」というものがあります。 しかしながらテグレトールでの薬疹は、ときに重症化することがあります。

もっと

カルバマゼピン

カスポファンギン カスポファンギンの血中濃度が低下するおそれがある。 7).イソニアジド[イソニアジドの肝毒性を増強することがあり、また、本剤の血中濃度が急速に上昇し中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等>が現れることがある(本剤の代謝酵素誘導作用によりイソニアジドの代謝が亢進し、肝毒性を有するイソニアジド代謝物の生成が促進され、また、イソニアジドが本剤の代謝を阻害し、本剤の血中濃度が上昇する)]。 他に躁うつ病や、神経痛などにも利用されます。

もっと

カルバマゼピンの副作用(対策と比較)

4-3.眠気・ふらつき カルバマゼピンでは、眠気が認められることが多いです。 そして、定期的に体重を測るようにしましょう。 症状により1日1200mgまで増量することができる• 実際とかでについて調べてみると、聞こえる音が半オクターブ下がるとか、ちょっと怪しい副作用が散見されました。 5.カルバマゼピン製剤と他の抗てんかん薬(フェニトイン、フェノバルビタール)との間に交差過敏症(過敏症症候群を含む皮膚過敏症)を起こしたとの報告がある。 フェニトイン:歯肉増殖 歯茎が腫れます。 メトクロプラミド 神経症状(歩行障害、運動失調、眼振、複視、下肢反射亢進)があらわれたとの報告がある。

もっと

【てんかん・三叉神経痛治療薬】カルバマゼピンの特徴や頭痛などの副作用について解説

4人多いと計算されている。 また、妊娠への影響にも注意が必要です。 • (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 また、妊娠中の方、妊娠の可能性のある方も、医師に伝えてください。 また、フェニトインの血中濃度を上昇又は低下させることがある。

もっと

抗てんかん薬の副作用とは?

一般名:• ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル投与中• 一部の抗真菌薬(水虫など真菌をやっつけるためのお薬)• 最近では構造がプリン体(核酸を構成する物質)と類似しており、多彩な副作用症状の原因ではないかと考えられています。

もっと