リスコフ の 置換 原則。 オブジェクト指向の原則集

リスコフの置換原則(LSP)

。 アジャイルソフトウェア開発の奥義 第2版|SBクリエイティブ• という原則です。 Single responsibility principle, SRP, 単一責任の原則• 3 Liskov substitution principle:リスコフの置換原則 今回は3番目のリスコフの置換原則です。 例えば、以下のようなコードがあったとします。 アプリケーションの規模が大きくなり複雑化すると、アプリケーションの全体にわたって、新しいanimalが追加されるたび AnimalSound関数の中に if文が何度も繰り返されていくのが分かるでしょう。 つまり肝心なのは「置換原則」ってとこですね。 今回の『リスコフの置換原則』は、恐らくシステムが保守に入ってから、Vectorで実装した処理をパフォーマンス改善のためにArrayListに変更するといったときなどに、大変重要な原則であると思います。

もっと

よくわかるSOLID原則3: L(リスコフの置換原則)|erukiti|note

それは 「クラスはオブジェクトではなくインターフェースに依存せよ」 というものです。 以下の派生は危険な兆候です。 もちろん、この言葉自体も万能ではないですし、この言葉を使っても間違いは起こります(人間だから)。 この手のミスは、気が付かないうちにしているものでして、それを防ぐためにも継承を使う時に「LSPに違反していないか」と自問自答する事が大切になってきます。 AnimalLegCount関数を通過した時には、関数はlionが持っているlegの数を返します。 抽象化は、詳細に依存してはならない。

もっと

アジャイル設計と5つの原則

ここで扱っているのは正方形なので、高さと幅が同じでなければなりません。 新しく追加されたショートカットというオブジェクトは、何か別のオブジェクトに紐づいていて ダブルクリックの動作はそのオブジェクトの挙動と同じ挙動を取ります。 Python3. 必ず、T自体がそれを規定していなければいけないのです。 それは「システムAからのクエリをシステムBに通知する」という複数の手順からなる作業を一つの概念にしてしまったからです。 下のようにConnetionインターフェースを作成します。 まったくもって正しい判断です。

もっと

リスコフの置換原則(LSP)

。 上位モジュールが、必要なを下位モジュールが提供しています。 このとき Sが T の派生型であれば、 S 型のオブジェクトy について q y が真となる。 博士論文のテーマは、の終盤をプレイするプログラムに関するものだった。 英語で言うと " the Liskov Substitution Principle"ということで、 LSPと略されたりします。

もっと

リスコフの置換原則(LSP)

両者は、抽象化に依存するべきである。 ですので、以下に例を示します。 。 本投稿をお読みくださった後、念のためにリンク先もお読み戴くことをオススメ致します。 コンパイラが教えてくれないバグとしては、かなりに怖い部類に入ります。

もっと