ひぐらし 業 考察。 ひぐらしのなく頃に業 祟騙し編1時点 考察|スレッショルド|note

『ひぐらしのなく頃に業』8話感想(綿騙し編 其の四)・・・つまりどういう事だってばよ・・・さっぱりわからん!!

圭一に恋心を抱くは、圭一を祟りと銘打って殺害を企てるような発言をする親族や御三家に疑念・反対意志を持つ? (過去では悟史に恋心を抱きつつも悟史が祟りに合うのは仕方ないと割り切っていたが…?) 同時に 詩音からの圭一へのちょっかいもへのストレスになっていると考えられる。 祟騙し編ではどうか。 つまり、 殺されたのか・死んでしまったのか・そもそも死んだのかこのどれにも答えていないのです。 解決編では血でドロッドロなんだろうなー。 最終的にどちらが惨劇を犯したのかあやふやで終わらされそうな雰囲気…。

もっと

【ひぐらし業】綿騙し編 ポイント・考察まとめ(ネタバレ)|ひぐらしのなく頃に業|ゆう|note

(これまでのちゃんが事故で昏睡状態の間に別世界を夢に見たサブストーリー『』も存在) 新たな仮説 が、ループしているプレイヤーである。 つまりここでいうは中身は前の詩音。 ・ か詩音「外見は似ているけど、中身は大違いなんだよ。 ぐっすり眠ることができず、朝になると風邪の症状が出ています。 綿流し編の人形は可愛かったが、綿騙し編の人形はなぜかブサイクになっており、ある意味反転している。 カケラ・奇跡の魔女。 鬼騙し編のレナを見ると記憶の継承があまりできていないので、部活メンバーの信用度向上がキモとなりそうです。

もっと

【考察】ひぐらしのなく頃に業・綿騙し編【相違点まとめ及び今後の展開予想】

私の予想としては、 沙都子の干渉によって発症を促進される可能性が出てきた。 首のかゆみを聞かれ掻いた時にギャーと言っている(痒くないのでは?) これらの点から、発症はしていないのではないかと思います。 旧作アニメ「綿流し編」では、圭一と詩音らが神社の祭具殿に侵入し、そのため鬼隠しが発生したのではないかという疑惑が雛見沢村を覆いました。 異なる点はレナが富竹と三四に疑惑の目を向けていること、そしてもちろんループ脱出後の世界であることの2つです。 ・沙都子お手製弁当が省かれる ・亀田戦が省かれる 本筋に関係ないので省かれただけでしょうが、圭一と沙都子の疑似兄妹シーンは微笑ましいので削除は寂しいですね。

もっと

ひぐらしのなく頃に業鬼騙し編考察予想まとめ【アニメ】

序盤での富竹が「行方不明」扱いになっている 従来のひぐらしでは「奇妙な退場」をする富竹だが、今回は「行方不明」と言う扱いになる。 であるのです。 ひぐらし業のゴールは「雛見沢大災害」の回避ではない可能性もある 古手梨花の過去の似たループでのゴールは「雛見沢大災害」の回避ではなかった。 リメイクと見せかけてまさかの新作で視聴者を騙したということなんですかねw それとも、鬼隠しは仕組まれたことであるという事実から鬼騙しというサブタイトルにしたのでしょうか? 梨花が鬼(真犯人)に騙されているという意味なのかもしれませんん。 。 前作ではもう女の子扱いとか無茶だろってほどのオジサンだったけど、今作はそういう細かいところも含めてめちゃくちゃ女の子っぽい。

もっと

【ひぐらしのなく頃に業】第4話のあらすじ・ネタバレ感想!圭一は雛見沢症候群が発症しているのか?

「きれいな鉄平」の物語? 「きれいな鉄平」というネタがあります。 スポンサードリンク 沙都子はラムダの駒となり、ベルン=梨花と対決してる? 」などと言って詩音になり替わり登場。 その理由は、無印での雛見沢症候群の発症者は、 綿騙し編の注目ポイント 鬼騙し編ではレナの凶行による惨劇が発生しました。 ただ黒幕とまで言い切るには子供すぎるような。 そこで詩音にマウントを取られ覆せなかったが発症か? 悟史の明確な描写なさから、今世界では詩音が悟史に恋をしていないの可能性がある。 基本的にはストレスや精神不安からの発症が多くの割合を占め、距離的な発症は稀である。

もっと

【ひぐらし業】綿騙し編 ポイント・考察まとめ(ネタバレ)|ひぐらしのなく頃に業|ゆう|note

なぜまたループにはまったのか そもそもひぐらし業 のかけらに入る前の梨花は「死んだ」のでしょうか? 梨花は羽入に「死んだのか殺されたのかどっち」と聞いた際、羽入は「羽入の残り香でしかない僕には言えない」と答えています。 〇 これらを踏まえての今後の惨劇予想〇 綿流し後、が村長、詩音を監禁。 過去に負けた経歴からかに対しての執着もうかがえる。 「赤坂」や「小此木」は登場する?「入江」や「鉄平」について 「羽入」と言うタイムループの存在や、ラムダデルタと他のシリーズとも関連性のある「鷹野三四」は早い段階で登場した。 。・゚・。・゚・。 個人的には、これだと第1期と変わらずにつまらないので、圭一は今回、雛見沢症候群が発症していないのではないかと予想しています。 ひぐらしシリーズはそういう話だ。

もっと